シンガポール地下鉄(MRT)の乗り方と注意すべき罰金制度

地下鉄(MRT)でルールを破ると、5~8万円の罰金を課せられる!!

シンガポールで電車に乗る場合は罰金制度があることを忘れてはいけません。

今回は、MRTの乗り方と目的地まで移動した体験記です。

罰金制度についても解説しますね。

罰金制度を常に意識しながら、シンガポール発着のクルーズ旅行へ行ってきました。

クルーズ記に興味があれば以下をご覧ください。
↓↓↓
クルーズ旅行記、寄港地編

クルーズ旅行記②、船内編

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

シンガポール地下鉄で空港からクルーズ乗船地へ移動

赤ポイント
(右)チャンギ国際空港
(左)クルーズ乗船場所

チャンギ国際空港アンバサダー・トランジットホテル
入国管理通過

チャンギ国際空港駅(MRT)

マリーナ・サウス・ピア駅(クルーズ乗船港)

マップでは複雑なコースに見えますが、MRTだけを利用して港まで行けます。

電車の乗り換えも2回でOK。

しかも値段も安いし、乗り心地も悪くありませんでしたよ。

では、みていきましょう。

MRTの乗り方とは

シンガポールの鉄道交通網は東京のように整備されています。

移動はMRTでほとんどOK。

しかも安い。

さて、空港内で前泊し、入国審査を終えてMRTを利用しました。

MRTは、スタンダードez-linkツーリスト・パスの3種類のチケットがあります。

スタンダードは、日本でいうところの紙切符を購入するような感じです。

観光客がもっとも利用するチケットですね。

券売機で購入可能です。

購入方法の動画をご覧ください。

1:12の短い動画ですが、切符の購入方法から改札通過方法まで確認できますよ。

上動画が早すぎてわかりにくかったら下動画をどうぞ。
迷いながら購入しているので、とても参考になります。

1:13 あたりで出てくる現地の女性は、チャンギ国際空港MRT駅にいて、切符購入方法のアドバイスをしてくれます。

ez-link は例えるなら Pasmo や Suica のようなもの。

観光目的なら購入は避けたほうがいいですね。

ツーリスト・パスはMRTと路線バスが乗り放題となります。

1日券、2日券、3日券とあり、それぞれ値段も異なります。

2日以上観光する場合は考えてもいいですね。

乗り換え

これは私が選んだコースなので、参考までに。

→ MRT全線マップ

マップをクリックすると拡大図が見れます。

空港から2駅目の Tanah Merah で乗り換えました。

乗るのは East West Line (緑色のライン)。

シンガポール中心地方面へ行くので、案内板をしっかりと確認します。

間違えると正反対の方向へ行ってしまうので注意が必要。

City Hall 駅で North South Line(赤色のライン)へ乗り換え。

あとはのんびりします。

3駅目が終点の Marina South Pier 駅です。

スポンサーリンク

注意すべきMRTの罰金制度

あなたは外国に来ています。

必ず、郷に入っては郷に従えを守りましょう。

MRT内での禁止事項及び持ち込み禁止物

・飲食
・喫煙
・動物の持ち込み
・引火性液体燃料の持ち込み
・ドリアンの持ち込み

シンガポールは赤道直下なのでとても暑いです。

つい日本にいる感覚で、電車の中で飲み物を飲んだら・・・。

罰金500ドルです。

喫煙は1000ドル。動物、ドリアンの持ち込みは500ドル。

引火性液体燃料は500~5000ドルともいわれます。

飲み物は是非とも注意してください。

ついうっかり、がもっとも起こりやすですからね。

ちなみにドリアン。

なんで??って思いますよね。

やはり臭いが蔓延するのだけは、みんな我慢ならないのでしょうね。

優先席

座席の両端は優先席です。

座ったからといって罰金にはなりません。

MRT優先席で思い出話。

通勤ラッシュ時だったので、MRT内は混雑です。

若い女性が優先席に座っていて、スマホをいじってました。

ある駅で杖をついた高齢者が乗ってきました。

若い女性は完全に無視。

すると、周りの人々がいっせいに

「変わってあげなよ」

と女性に告げました。

高齢の方は、「いいよ、いいよ」と遠慮してましたが、周りの人々は許しませんでした。

結局、若い女性は半分キレた感じで次の駅で降りていきました。

高齢の方はみんなにお礼を言いながら、優先席へ。

日本の都会では忘れてしまったような光景に、ちょっぴり心が温まった思い出でした。

さいごに

以上、MRTの乗り方と罰金制度についてでした。

シンガポールは本当に公共交通機関が整っています。

本当に東京にいるような感じで利用ができました。

しかもMRTはタクシーを利用するより、かなり安いです。

ぜひ注意すべきことを意識して、どんどん利用してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする