潮干狩りの道具をより便利にするために使い方を知ろう

こんにちは、ザ・ストロングマンです。

潮干狩りの道具って意外と多いですよ。

多い道具を便利に使いこなせるように、使い方を覚えてしまいましょう。(父親としての株を上げましょう!!)

前回の記事では「潮干狩りの時期はいつまでか」をお伝えしました。

さらに貝毒についても認識していただけたと思います。

この記事では、道具編、服装編、あると便利編、そしてセキュリティについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

道具編

潮干狩りの主要な道具は3つ。

熊手、バケツ(または網)、クーラーボックス。

熊手

熊手がなければ勝負になりません。

プラスチック製よりも金属でできたものを選びましょう。

プラスチックだとあっさり折れたりしますので。

ネット検索で「潮干狩り 熊手」と打つと、いくらでもでてきます。

あなた、奥さん、お子さんと、必ず1人1本準備しましょう。

バケツ(または網)

貝がたくさん採れると、集積する場所が必要になります。

しかも簡単に持ち運べる必要も。

バケツ、または小型の網があるととっても便利ですよ。

クーラーボックス

行きは飲料水やお弁当入れ。

帰りは貝を入れて持ち帰る。

水物を持ち運ぶにはクーラーボックスは欠かせません。

貝の持ち帰り方は後ほど紹介しますね。

服装編

服装は体の保護を目的とした視点から紹介します。

基本は長袖、長ズボン

暑いとTシャツ、短パンになりたい気持ちはわかますよ。

でも海水浴と違って、ずっと日光を浴び続けるのが潮干狩り。皮膚を紫外線から守るためにも、長袖、長ズボンが基本です。

海に入る場合を考えて、スソをまくりやすいカーゴパンツなどいいかも。

長ズボンが嫌なら、妥協してハーフパンツでもいいと思います。

どうしてもTシャツになりたいなら、日焼け止めクリームを使いましょう。

軍手

海水、砂、貝のざらつき感。

肌を痛めます。軍手、または手袋などで指先まで保護しましょう。(奥さんとお子さんを第一に)

帽子

必需品。

熱中症対策は重要。

最強なのは麦わら帽子。風通しは最高です。

できるだけつばの長いものを。

首まで紫外線から守れます。

海は突風が吹きやすいので、顎紐、顎バンドのあるものが理想。また登山用ハットも利用できますね。

サングラス

目の保護はとっても大切。

紫外線の水面反射はバカにできません。

必ずUVカット素材で作られたサングラスにしてくださいね。

ビーチサンダルはアウトです。

脱げやすい、また岩場だと滑る。

ベストは長靴。

でも、もっと最強なものがあります。

なんとスニーカー(運動靴なんです。

滑らない、脱げない、フィットする、グリップ力もある。

家族全員、運動靴というのもありですね。

ただし、気持ち悪さは残ります・・・。(濡れる、砂が入るなど)

奥さんから小言をいわれるでしょうね。

スポンサーリンク

あると便利編

レジャーシート

砂浜に場所取りができるのなら必需品ですね。

休憩、食事、荷物置き場として使えます。駐車場から海岸が遠いのならなおさら必要。

ビニール製ゴミ袋(大小サイズ)

採れた貝と海水を大サイズのゴミ袋に入れ、口を縛り、さらにもう1枚の中へ。

さらにクーラーボックスの中に入れれば、もう水漏れの心配もありません。

その他、着替え、靴の替え、タオルなども準備しておきましょう。

濡れた靴や衣類をゴミ袋に入れれば、簡単に持ち帰りできます。

ペットボトルに水道水

潮干狩りを終え、手足を洗うのに使えます。

水道の無い海岸や、人が多すぎる場合はかなり重宝もの。

帰りに海水を入れておけば、調理前の貝の砂吐き用にも使えます。

セキュリティ対策

ファーストエイド

潮干狩りで怪我?

と思うかもしれませんが、侮るなかれ。砂の中にはガラスや割れた貝殻などがあります。

また岩場で転倒して擦り傷になる場合も。

さらに意外と意識されないのですが、海には小さな危険生物だっているのです。

ポイズンリムーバー

ハイキュアパッド(ハイドロコロイド)

その他消毒液などを準備しておきましょう。

携帯電話

緊急用にいつでも手元にあるようにしておきたいですね。

ポーチなどに入れて身につけておきましょう。

潮干狩りに夢中になっていると、満ち潮に気づかずに水没!!なんてことも。

防止策として、食品用ジップロックに入れておきましょう。

面倒!と思うかもしれませんが、水没させるよりも安上がりですよ。

さいごに

お疲れ様でした。

今回紹介した道具類を使えば、快適な潮干狩りを楽しめるでしょう。

アイテムを2つの用途に使用するところがミソです。

家族で楽しいひと時を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする