箱根あじさい2018年の見頃は?観光コースをお得に活用しよう

箱根はあじさい(紫陽花)を存分に堪能できる場所です。

2018年の見ごろはいつなのでしょうか?

また箱根の観光メジャーコースには様々なあじさいの名所があります。

それら名所をお得に回る方法もあります。

あじさいの名所めぐりとあわせて観光コースまで楽しめる箱根。

ではいってみましょう。

スポンサーリンク

箱根あじさいの見ごろは?

箱根は避暑地として山の中にある観光地。

つまり標高により見ごろの時期が変わります。

箱根登山鉄道の各駅を目安にすると分かりやすいです。

各駅のあじさい見ごろ時期。(例年)

箱根湯本駅:6月中旬~6月下旬
強羅駅:  6月下旬~7月中旬
強羅ケーブルカー線沿い:7月上旬~7月下旬

お得な箱根フリーパス

今回はあじさいの名所を巡りながら、ついでにメジャー観光コースも行けてしまう方法をお伝えしますね。

→ 箱根フリーパスについて

フリーパスを使うと、箱根登山鉄道のみならず、ケーブルカー、ロープウェイ、芦ノ湖海賊船、各種バスに乗り放題となります。

また、美術館なども割引入場可能です。

箱根旅行でフリーパスを利用した記事です。
↓↓↓
箱根観光コース旅行記

あじさい電車

0:23~0:43の流れていくあじさいはいい眺めですね~

箱根登山鉄道沿線にあじさいがたくさん咲きます。

この沿線に咲いたあじさいを堪能しながら電車旅を楽しむことができます。

「あじさい電車」は、あじさいが見頃の時期のみ、そのように呼ばれます。

2018年沿線あじさいライトアップ情報

2018年のライトアップやその他の情報が公開されました。

ライトアップ

2018年6月15日(金)~7月8日(日)

ライトアップ時間は18:30~22:00

あじさい電車は昼、夜ともに自由席で予約不要。

→ 箱根登山鉄道HP

夜のあじさい号

上下各線で1日に1本ずつのみ運行。

運行期間
2018年6月16日(土)~7月4日(水)

登り
箱根湯本駅 → 強羅駅

下り
強羅駅 → 箱根湯本駅

※途中駅での乗降り不可。

予約が必要です。(全席指定)

予約期間
2018年6月1日(金)~7月4日(水)

予約受付時間
09時30分~17時まで(土日祝は除く)

夜のあじさい号予約センター
0465-32-8787 (電話のみの予約受付)

※車内の証明を落とし、各ライトアップスポットで徐行、停車などのサービスがある。

料金

指定券:大人 310円、子供 160円。
別途運賃:大人 400円、子供 200円。

フリーパスがあれば運賃はかかりません。(指定券代は必要)

スポンサーリンク

箱根阿弥陀寺

別名「箱根のあじさい寺」。

箱根登山鉄道の塔ノ沢駅から徒歩20分。

境内には3,000株ものあじさいが咲きます。また5名から住職の琵琶生演奏を聴くことができます。

阿弥陀寺はフリーパス適用外ですが、箱根登山鉄道は何度でも乗り降り可能です。

→ 阿弥陀寺ホームページ

箱根ガラスの森美術館

強羅駅より観光施設めぐりバスで行けます。

入館はフリーパスで割引。

中にはあじさい庭園があります。

→ 箱根ガラスの森美術館HP

箱根強羅公園

強羅駅からケーブルカー利用になります。

公園下駅で下車すれば公園に行けますが、おすすめがあります。

フリーパスはケーブルカーも何度でも乗り降り可能。

公園上駅で下車して入園(フリーパスで無料)すれば、体力を使うことなく園内を歩くことが可能となりますよ。(上から下る形になります)

→ 箱根強羅公園HP

恩賜箱根公園

ここは残念ながらフリーパス適用外となります。

箱根一周のメジャー観光コースを楽しむのなら、立ち寄ってあじさいを堪能してもいいのではないでしょうか。

強羅駅からケーブルカー、ロープウェイ経由で桃源台港へ進み、芦ノ湖を海賊船で元箱根港まで移動。

その後、箱根登山バスで恩賜公園前下車すればOKです。

移動はすべてフリーパスで大丈夫。

→ 恩賜箱根公園

さいごに

いかがでしたか?

箱根のあじさいは、あじさいのみを観賞してもOK。

と、同時にフリーパスを利用すれば、かなりお得に観光コースを回ることもできます。

まさに一石二鳥ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする