船橋花火大会2019の日程は?場所取りは正攻法か地元感の選択で

毎年、ふなばし市民祭りのフィナーレで行われる船橋花火大会。

2019年の日程はどうなのでしょう?

平日の夜に行われるという、一風変わった花火大会。

そのため場所取りも独特な考えが必要となります。

私は2018年の花火大会は地元感ありありの場所(船橋漁港側)へ行ってきました。

その体験記も併せてご紹介しますね。

やはり花火大会は場所取りが命。

正攻法または地元感を味わえる場所取りをして、楽しいイベントの思い出にしましょう。

まずは日程と場所を確認!

スポンサーリンク

船橋花火大会基本情報

ふなばし市民祭り 船橋港親水公園花火大会

日時:2019年7月31日(水)※予備日8月1日(木)

打ち上げ場所:船橋漁港

赤ポイント:打ち上げ場所

電車ポイント
青:JR船橋駅
黄:大神宮下駅
赤:船橋競馬場駅
紫:JR南船橋駅

アクセス

JR線

船橋駅から徒歩25分
南船橋駅から徒歩10分

京成線

京成船橋駅から徒歩24分(すべての電車が停車する)
大神宮下駅から徒歩10分(各駅停車のみ停車)
船橋競馬場駅から徒歩10分(各駅、快速のみ停車)

※ららぽーと専用無料バスは、花火大会当日の16時以降は運行停止となります。

16時前にバスを利用し、ららぽーと内で時間を潰すのも一手ですよ。

時間:19:30~20:20

打ち上げ数:8,500発

来場者:約9万人(2017年情報)

駐車場:なし

有料席:あり

※花火大会は船橋市民まつりのフィナーレで行われます。
お祭りについてはこちらをどうぞ。
↓↓↓
船橋市民まつり2018について

花火大会の特徴

船橋花火大会の特徴は、

ミュージックに合わせて打ちあがること。

独特ですね~

ただ、ミュージックは場所によっては、あまり聞き取れませんので期待しすぎはダメですよ。

↓↓2016年の様子↓↓

ゆずの「栄光の架橋」にあわせて打ちあがる花火はいいですね。

最初は静かに。

徐々に盛り上がり・・・。

サビの部分でいっきにきますね~

とくに 4:05 の最後のサビと同時に始まる花火のラストスパートは見ごたえ抜群!!

やっぱり、花火は熱くなりますよね。

スポンサーリンク

場所取り:正攻法か地元漁港

正攻法

平日に行われる予定の花火大会。

仕事帰りであればいい場所なんて取れませんよね。

でも、諦めるのは早い。

花火は1時間なので、立ち見でも全く苦でなければ、正攻法で行きましょう。

おすすめ場所はららぽーとTokyo Bay 北側の駐車場です。

ここはある意味メイン会場。

広さもあり、屋台も充実。

さらに打ち上げ場所も近くなので、花火の見え方も抜群です。

↑↑現地より↑↑

真ん中あたりの夜空に花火があがります。

それぞれの最寄り駅からも徒歩で向かいやすい。

また、帰りもどの鉄道を使うか選択が可能。

もし時間に余裕があり、場所取りが可能でしたらレジャーシートは必須。

なぜならアスファルトの上に直で場所取りとなるから。

座布団も用意できたら、お尻が痛くなるのを防げますよ。

地元感ありありの場所(船橋漁港側)

花火大会では親水公園、漁港側の港をぐるりと取り囲むように有料席が配置されます。(下記マップの赤エリア)

ただし親水公園やららぽーと北側駐車場はどちらかといえばメイン会場って感じになります。

反対に漁港会場側はあまりアクセスが良くありません。

ところが、ネット情報の影響か漁港側もものすごく混み合います。

2018年の花火大会、私は漁港側に行ってきました。

赤ポイント:打ち上げ場所
黄ポイント:漁港側の穴場

赤地域:有料席
紫地域:立ち入り禁止場所

下画像はマップの黄色ポイントあたりの漁港となります。

↓↓漁港エントランス↓↓

↓↓右側、花火大会についての看板(2018年)↓↓

※上記画像は花火大会前日に撮影

漁港内は有料席が並べられます。(漁港内南側半分)

それ以外は自由観覧場所という感じでした。

私は19時に現地入り。(ちょっと遅すぎた)

すでにもの凄い人だったから。

座れる場所はすでになし。

北側エントランス(上記画像)から海沿いはすべて自由観覧者によって埋め尽くされていました。

しかも花火開始30分前なので、みんな食べ物・飲み物をゲットしようと、屋台も大行列。

歩くのも苦労するくらい混んでいました。

良い点としては、漁港側の屋台はとても充実していました。

ただ、花火開始前はたくさんの人が並ぶので、早めに現地入りしたほうがいいですね。

そして屋台の料理も早めに購入しておくことをおすすめします。

不安な場合は当日券の購入がおすすめ。(漁港側当日券・120席)

販売は当日10時より。先着順。2,000円!

◆販売場所:
ららぽーとTokyo-Bay 西館1階

 一般社団法人 船橋市観光協会
 10:00~16:00 (08:00~10:00に整理券配布)

※整理券は当日14時までに当日券と交換必須。交換しない場合は購入意志なしと判断される!!

↓↓漁港会場裏側↓↓

漁港会場裏側は画像のように高い塀で囲まれています。(漁港南側まで)

漁港内以外から花火観覧は厳しい状態ですよ。

花火は打ち上げ場所の真横から立ち見状態でした。

ある意味間近で観られる特等席!?のような感じはしましたが。

いい感じの花火を間近で観ることができました。

漁港側に弱点がひとつ。

やはりアクセスが悪いですね。

道順も少しわかりずらい部分があります。

それでも船橋駅から徒歩で20分ほどです。

大神宮下駅からだと徒歩10分弱となります。

地図を片手に散策してもいいですね。

◎こちらの花火大会も人気です!

→ 幕張ビーチ花火大会

→ 木更津花火大会

→ 館山花火大会

さいごに

東京からのアクセスもいい船橋。

規模はあまり大きくないですが、船橋市民にとって楽しみなイベントのひとつです。

花火以外にも、ふなばし市民祭りを楽しむこともできます。

開催は花火を行う前の週末となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする