浦安花火大会2018の日程決定!優先席や穴場、アクセスを押えよう

浦安花火大会2018の日程が決まりました!

これからは花火当日に向けて、どんなプランを立てるかですね。

東京からのアクセスもいい浦安。

ところが、浦安って埋め立てて作られた半島なんです。

そんな小さな半島に15万人も集まることを想像すると・・・。

事前情報は重要ですね。

では、みていきましょう。

スポンサーリンク

浦安花火大会2018基本情報

第40回浦安市花火大会

◆日時:2018年7月28日(土)

◆打ち上げ場所:浦安市総合公園沖300m沖(予定)

赤:打ち上げ場所
青:観覧席(有料、自由席)
黄:JR新浦安駅

◆アクセス

JR京葉線:新浦安駅

東京メトロ東西線:浦安駅

※大会当日無料シャトルバスあり

◆時間:19:30~20:30(開場は14:00~)

◆打ち上げ数:6,600発

◆来場者数:15万人

◆駐車場:なし(会場周辺の公共駐車場は封鎖)

浦安花火大会の特徴

大会会場が総合公園と隣接しており、有料席や自由席が公園内にあります。

つまり公園の芝生上でくつろぎながら、優雅に花火を堪能できるわけです。

公園は海に面しているため、視界には花火のみ。

贅沢ですね。

こちらは有料席から撮ったと思われます。目の前で花火が上がってますね。すばらしい見え方。

音楽とともに輝く花火はなんとも優美です。

場所取り:有料席

個人協賛席として、ふるさと応援席があります。

1人:500円。

また一般有料席として、(5月より販売開始)

ベイサイドS:2,000円
ベイサイドA:1,500円
ベイサイドB:500円
ベイサイドC:500円
グループエリア:5,000円(5名まで利用可能)

→ 大会及び有料席情報

有料席とはいえ、とても安いです。

しかも目の前で花火が観れます。穴場を押えるよりも、優先席のほうがかなりお得かもですよ。

スポンサーリンク

穴場3選

さて、浦安は埋立地でできた半島です。

東京湾にぼっこりと飛び出しているため、半島以外からは観づらいという弱点があります。

結局は近場に行くしかないのが辛いところですね。

会場近くに浦安市墓地公園がありますが、こちらは花火大会時に利用はできません。

閉園してますので、ご認識ください。

赤:高洲海浜公園
黄:高洲中央公園
黒:境川沿い西側

高洲海浜公園

大会会場である総合公園のすぐ隣にある公園。

もう一目瞭然の穴場ですね。

というか穴場ではなくなりつつあります。

当日は多くの人が殺到しますので、早めに場所取りをしたほうがいいですよ。

高洲中央公園

会場からは遠くなります。

また早めに行って観えそうな場所を押えたほうがいいでしょう。

というのも、公園から花火が上がる方角に高いマンションが建っているから。

ここだ!といえる場所を探してみてくださいね。

境川沿い西側

黒色で塗りつぶした地域。

東側だと高層マンションで花火が観えない可能性もあります。

西側の方がより観やすいでしょう。

ここも穴場として人気スポットなので早めに場所取りをしたほうがいいでしょう。

アクセス

JR新浦安駅及び東西線の浦安駅から、無料のシャトルバスが運行される予定です。

新浦安駅、浦安駅ともに、

行き:16:30~19:30まで
帰り:20:30~22:00まで

帰りのシャトルバスは長蛇の列で激混みです。

また22時になると打ち切りになるため、並んでいても乗れない可能性もあります。

バス、歩きのダブルプランを用意しておきましょう。

徒歩

早めに行きたい場合は、徒歩という選択肢があります。

が、会場は意外と遠いですよ。

新浦安駅からだと、歩いて35~45分はみておきましょう。

それも炎天下の中ですので、熱中症には注意。

東西線の浦安駅からは歩こうと考えないでください。

5km近くありますので。

どうしても徒歩で早めに行きたい場合は、新浦安駅まで電車で来ることをおすすめします。

さいごに

以上が浦安花火大会の情報でした。

海に面した観覧席から観る花火はとても綺麗でしょうね。

優先席も安いので、穴場との天秤にかけて考慮してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする