諏訪湖花火大会2018の日程決定!雨天中止なしで50万人大満足!

諏訪湖花火大会2018の日程が決定しました。

本記事は、第70回諏訪湖祭湖上花火大会についての内容です。

長野県諏訪市にある諏訪湖で行われる湖上花火大会は、雨天でも中止しないという凄まじく気合の入った大会。

40,000発も打ちあがる花火に大興奮です。

では、詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会2018基本情報

第70回諏訪湖祭湖上花火大会

日時:2018年8月15日(水)

打ち上げ場所:諏訪湖初島


青:上諏訪駅
赤:打ち上げ場所
黄:有料席概略位置

アクセス

JR中央本線:上諏訪駅から徒歩10分

車利用については下の方で

時間:19:00より

打ち上げ数:40,000発

来場者数:50万人

駐車場:あり(注意:大会規模の割に少ない)

諏訪湖花火大会2018の特徴

なんといっても雨が降っても強行することでしょう。

よっぽどのことがない限り中止にならない花火大会です。

すごい気合!

もちろん花火自体の特徴もいろいろあります。

全国でもトップクラスの規模である本大会。

水上スローマイン(連続発射)や長さ2kmというナイアガラの滝は見ごたえ抜群。

↓↓水上スターマインの動画↓↓


ド迫力! とくに1:25から始まる連続花火は恐るべし。

こんなに近くて大丈夫??と思いたくなるほど。

↓↓下諏訪から撮影動画もありました。↓↓


2:40から始まる水上スターマインと打ち上げのコラボ、そして3:55から始まるフィナーレはぜひご覧ください。

下諏訪からでもこれだけ観れることがわかる動画ですね。

天候が良ければ、諏訪湖の周囲どこからでも観覧できることがわかります。

まだまだあるぞ!諏訪湖の花火

本記事は諏訪湖祭湖上花火大会についての内容ですが、なんと諏訪湖ではあと3つの花火があります。

時系列順で紹介

・上諏訪温泉 宿泊感謝イベント
2018年7月16日(祝・月) 3,000発

・諏訪湖サマーナイト花火
2018年7月22日~8月26日まで毎日打ち上げ
20:30より15分間 800発

・全国新作花火競技大会
2018年9月1日(土) 20,000発とも

諏訪湖の夏は熱い!

場所取り:有料席

諏訪湖の周囲が15km。

周囲どこからでも観覧は可能ですので、無理に有料席は取らなくても・・・

と、思うかもしれません。

が、やっぱりド迫力の間近で観たいのなら有料席は必須ですね。

注意事項

雨天強行の花火大会ですが、雨天時の傘使用は禁止されています!

100均でもいいので、カッパ(できれば上下)は持参必須ですよ。

フード付きを買っておきましょう。

あまりにも有料席の種類が多すぎです。(18,000席くらいある)

ぜひホームページでチェックしてみてください。

→ 諏訪湖花火ホームページ

その他、諏訪湖周辺のホテルが席を有料で販売もします。

が、すでに2017年から予約が入っているようなので、空いているかどうかは要確認です。

ちなにみ結構割高でもあります・・・。

スポンサーリンク

穴場

繰り返しますが、諏訪湖は周囲15km。

上諏訪から離れれば、地元の人が見ているような場所がたくさんあります。

その中でもおすすめなのが、下諏訪となります。

下諏訪湖岸通り


青:下諏訪駅
紫:イオン諏訪店
赤:湖岸通り

上諏訪(有料席側)の裏側から観る感じ。(上の動画が下諏訪になります)

下諏訪駅南口から諏訪湖に向かって1kmほど歩くと湖岸通りへ到着。

諏訪湖に沿って歩道公園のようになっており、ベンチも所々にあります。

また周辺には公園もあり、利用できるでしょう。

地元の人に混ざって観覧するのがいいでしょうね。

無料で、混雑せず、サクッと観て、ササッと帰る。

こんな花火を希望する場合の穴場的存在となります。

下諏訪駅から湖岸通りまでの間にイオン諏訪店もあるので、休憩や食事も可能ですよ。

→ イオン諏訪店HP

下諏訪であれば車利用も可能性が出てきます。

中央自動車道から長野自動車道へ入り、岡谷IC で下りればOKですね。

そのまま南へ向かいましょう。

ただし穴場とはいえ、下諏訪も眺めがいいので多くの人が集まっているでしょう。

駐車場難民になるくらいなら、電車利用がおすすめですよ。

立石公園

上諏訪であっても穴場はあります。

立石公園は花火を上から観るかたちになります。

花火と諏訪湖をまとめて観られるのも、ある意味贅沢ですね。


青:上諏訪駅
赤:立石公園

駅から徒歩で30~50分くらい。

当然登りです。車道に沿って登ってもいいし、多少きつくても階段で近道もあり。

カメラ撮影のスポットでもあるので、結構人気スポット。

早めに行って場所取りがおすすめ。

車について

公式ホームページにも載っていますが、できるだけ電車利用がおすすめです。

とくに上諏訪に50万人も押し寄せるので、当然人、人、人。

交通規制もあり、帰りは渋滞の嵐。

それでも車利用の方が都合がいい場合は、穴場で紹介した下諏訪方面がおすすめですね。

その他についてはホームページで

→ アクセスについて

さいごに

以上が諏訪湖祭湖上花火大会についてでした。

本当に大規模な花火大会で、迫力満点!

一度は必ず観ても損はありません。

とっても良い思い出となるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする