足利花火大会2018の日程決定!満足度関東トップクラスの花火とは

栃木県足利市で開催される足利花火大会2018の日程が決定しました。

この花火大会は、規模・質ともに最大級で、観覧した人の満足度も関東トップクラス。

さらにアクセスの良さにもビックリです。

なんとJR線と東武線の2つの駅から徒歩であっさりと会場へ行けます。

そんな足利花火大会をみていきましょう。

スポンサーリンク

足利花火大会2018基本情報

第104回足利花火大会

日時:2018年8月4日(土)

打ち上げ場所:田中橋下流渡良瀬運動公園及び河川敷


青:JR両毛線足利駅
紫:東武伊勢崎線足利市駅
赤:打ち上げ場所

アクセス

JR両毛線:足利駅南口より徒歩5分

東武伊勢崎線:足利市駅より徒歩10分

時間:19:00~20:45

打ち上げ数:20,000発

来場者数:40万人以上

駐車場:あり

有料席:あり

足利花火大会の特徴

1903年(明治36年)より行なわれている花火大会。

すごい歴史のある大会なんですね。

8月2日~3日に夜店まつり、市民イベント、足利織姫神社イベントが開催され、全体のフィナーレとして4日に花火が行われます。

イベント最終日、足利市の気合の入り方は筋金入ですよ!!

↓↓大ナイアガラと大スターマインのフィナーレ↓


前半は大ナイアガラ。そして2:06から始まるフィナーレの大スターマインはド迫力。

このフィナーレは、確かに関東圏での満足度トップクラスも頷けます!

では次に有料席と駐車場についてです。

スポンサーリンク

有料席と駐車場について

有料席(2017年情報)

通常桟敷席(さじきせき)

1坪(5人分):17,000円

特別桟敷席

テーブル、イス6つ付き:27,000円

※桟敷席とは、板張りなどの仮設の席で、地上よりも高い位置になります。

また2坪1区画(10人分)の有料席が8,000円。

10人で割れば1人800円。悪くないですね。

大人数で観覧する場合は購入を考えてみてはいかがでしょうか。

有料席の販売開始は6月上旬からとのこと。

→ 足利市HP

駐車場

仮設、臨時駐車場が会場の広い範囲で設けられます。

花火大会が近くなると公式ホームページに掲載されるでしょう。

駐車場は全体で8,000台分あるそうですが、40万人以上が集まる花火大会。

当然大混雑であり、大渋滞となります。

やはり、おすすめは電車利用。

例年、JR両毛線、東武伊勢崎線ともに臨時列車の運行を行うそうです。

駅から徒歩で5~10分。

利用しない手はないですね。

穴場を考える

足利花火大会は広大な河川敷で開催されます。

河川敷と運動公園が合わさったような、本当に広い敷地。

穴場を探して歩き回るより、川沿いを歩けば場所取りもそんなに苦労はしないでしょう。


紫:堤防沿い
黄:渡良瀬川上流河川敷
青:田中橋(〔注意〕観覧できない場所)
赤:打ち上げ場所

気持ち早めに(2~3時間前)会場に着くように行動すれば、河川敷で充分間に合うでしょう。

紫色で示した場所がメイン会場の堤防となりますので、大半の人が流れ込みます。

黄色で示した場所は、橋を挟んでメイン会場の反対側となります。

紫色の場所よりも場所取りはしやすいでしょう。

ちなみに田中橋(青色のライン)はいい観覧ポイントのように見えますが、立ち止まりや座り込み禁止なので要注意です。

さいごに

以上が足利花火大会の情報でした。

河川敷はとても広大で、少し早めに行けば場所取りも間に合うでしょう。

関東圏でも満足度がトップクラスの足利花火大会。

ぜひ、楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする