横須賀花火大会2018の日程は?花火だけじゃないお楽しみ満載の祭り

横須賀といえばアメリカ!、と思いつくくらい大きな軍港の町。

横須賀花火大会2018の日程はどうでしょうか?

花火大会自体は中サイズといえるでしょう。

でもでも!

横須賀花火大会の楽しみは、花火だけではないんですよ!

朝から夜まで、さらにアメリカまで巻き込んだ、遊び尽くしの内容をみていきましょう。

スポンサーリンク

横須賀花火大会2018基本情報

開国花火大会2018

日時:2018年8月4日(土)
※横須賀市観光協会年間予定表に掲載済み

打ち上げ場所


赤:打ち上げ場所
青:京急本線、横須賀中央駅

アクセス

京浜本線:横須賀中央駅より

・うみかぜ公園へは徒歩30分

・三笠公園へは徒歩25分

時間:19:15~19:45

打ち上げ数:5,000発

人出数:23万人

駐車場:なし

有料席:あり(6月中旬より販売開始予定)

横須賀花火大会の特徴

2003年より「よこすか開国際」として始まった、まだ若いイベント。

歴史教科書に登場するペリーが久里浜に上陸して、ちょうど150年目が2003年でした。

尺玉スターマインや水中花火など、海上より打ち上げられる見ごたえのある花火。

花火自体は30分間しかありません。

※30分で5,000発はすごいですが。

ところが!

開国花火大会の醍醐味は朝から始まるんです。

日頃味わえない楽しさを日中に満喫し、花火でシメる。

最高の流れを紹介していきますね。

海上自衛隊:ヨコスカサマーフェスタ

海上自衛隊横須賀基地が開放されます。

時間:09:00~16:00(入場は15:30まで)

アクセス:JR横須賀線、横須賀駅から港沿いを西へ100mほど

護衛艦に乗船して艦上見学できます。写真も撮り放題!

さらに潜水艦も間近で観ることが可能。

また海上自衛隊で使用されているモーターボートに試乗できます。

湾内を猛スピードで走り、急旋回によるボートの強烈な揺れを満喫可能。

これは楽しいですよ。(行列になります)

海自基地から花火の観覧はできません。

海自を楽しんでから米海軍基地へ向かうと、ダブルでレア体験が可能ですよ!

スポンサーリンク

アメリカ海軍:ヨコスカフレンドシップデー

米海軍基地の一部開放。

時間:10:00~20:00(入場は19:00まで)


黒:米軍基地入場ゲート
紫:三笠公園
青:横須賀中央駅
赤:打ち上げ場所

ある意味、横須賀花火大会のメイン的イベントではないでしょうか。

滅多に入ることができない場所。

基地内は完全にアメリカです。

艦船見学もあるようですよ。(10:00~13:00まで)

基地内で飲食物の購入可能。しかも日本円で!

わたしはピザをたくさん食べました。(値段は忘れてしまいました)

米海軍基地から花火を観る

基地南側の海沿い(三笠公園寄り)から花火を眺めることができます。

明るいうちにいい場所を押えておくのがおすすめ。

レジャーシートを持参しておけば、かなり重宝できます。

花火が終了して帰路につきます。

もの凄い人が入場しているので、基地のゲートに到達するまでに時間がかかります。

入場に関する注意点

●基地内への入口は三笠公園経由のゲートのみです。

●入場には身分証の提示を求められる可能性があります。(下記のうちいずれかが必要)

→有効期限内のパスポート

→免許証と本籍地記載の住民票(発行3か月以内)

→写真付きマイナンバーカード

※パスポートが一番強いかと考えられます。

※中・高校生は学生証が身分証として利用可能。

(重要)米国はルールをすぐに変えてしまうダイナミックさがあります。日にちが近づいたら、再度チェックをおすすめします。

●入場は19時までなので、お忘れなく。

さいごに

以上が横須賀花火大会でした。

花火というより基地で遊ぶ内容に偏ってしまった感があります。

ですが、日中は海自、米軍基地でしっかりレア体験をして、花火でシメるのがおすすめです。

私はこのコースで大満足でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする