休日に1人で過ごすならここ!池袋レトロカフェ、皇琲亭でリラックス

あなたは休日に1人で過ごすなら、なにをしますか?

仕事が休みというだけでもワクワクしますが、休日にやりたいことがあるなら、もっとワクワクしますよね。

日々の雑多なことを忘れて、あなた1人の時間を満喫できるおすすめがあります。

東京池袋のレトロなカフェ「皇琲亭(コーヒーテイ)」

貴重な休日を、まったりとカフェで過ごしてみてはいかがでしょう?

今回は、皇琲亭に関しての記事です。

スポンサーリンク

休日、1人で過ごす重要性

家族を持つと、なかなか1人の時間を確保することが難しくなりますよね。

これは、仕方のないことです。

それでも夫婦で話し合って、趣味の時間をお互いに設けるようにできるのが理想。

なぜなら、1人の時間は、最大限ストレスを発散できたり、リラックス効果が期待できるから。

また勉強でもスポーツでも、1人で努力した人が最後に実力を伸ばしますよね。

1人の時間の効果って凄いんです。

できるだけ夫婦間で譲り合って確保できるといいですね。

では外出時に1人を満喫できるカフェの紹介です。

レトロコーヒーカフェ「皇琲亭」基本情報

場所:東京豊島区東池袋1-7-2 東駒ビル1F
※池袋駅東口から徒歩3分ほど


紫:皇琲亭
青:池袋駅

営業時間:11:00~22:30(ラストオーダーは22:00)

定休日:なし

メニュー:コーヒー(ホット、アイス)、カフェオレ、ソフトドリンク、ケーキ類など

駐車場:なし

スポンサーリンク

皇琲亭体験記

ちょっとした用があって池袋に行ったときなどに、ふらりと立ち寄ります。

カフェに行くときは、私は本を3冊くらい持参。

テーマごとに分けて読んだりします。

店に入ると、店員さんが席に案内してくれます。

照明は目に優しく、少し薄暗いくらい。

オレンジがかった色で店内を照らしています。

ブレンドコーヒーが好きなので、注文。

同時に持参した3冊のうち、どれから読むかを考えます。(楽しい瞬間ですね)

「この本をここまで読んで、次はこの本のここまで。」、とこんな感じです。

ブレンドコーヒーが届きます。

ブレンドコーヒーなんだけど、なんか凄いんですね。

左より右へ。
水、ミルク、黒砂糖、白砂糖。
そして中央のブレンドコーヒー。

右端の入れ物には白砂糖がこんな感じで。

まずはブラックを味わいならが、読書の世界へ。

読書を楽しみながら、ちょくちょくコーヒーを。

贅沢ですね~。

途中からミルクを入れて、また違った味を楽しみます。

ちなみにブレンドコーヒーは1杯:780円。

スタバやドトールに慣れてると、ちょっとびっくりしますよ。

でも、やはり豆や焙煎のやり方が違うんでしょうね。

コーヒーは本当に美味しい!

またブレンドコーヒー、カフェの雰囲気、リラックスの時間を合わせれば、とってもお安い値段ですね。

約1時間半ほど、集中して読書。

いろいろ発見や新しい知識を本からもらい、大満足。

たまにはこのような休日も設定しないと、心が病んでしまいますからね。

ひらめきは休息の時こそやってくる、ともいいます。

リラックスは脳にもいい影響を与えていることの証明でもあるわけです。

あなたに合ったリラックス方法の参考のひとつにしてくださいね。

さいごに

皇琲亭の情報はいかがでしたか?

今回紹介したのは、私自身のリラックス方法です。

カフェは他にもたくさんありますので、あなたのお気に入りを見つけ出しましょう。

リラックス効果で、心身ともに強健な人生を作り上げましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする