iphoneカメラの位置情報はオンオフ使い分けないと自宅情報筒抜け

今や1人に1台の iphone。

手軽に、いつでもどこでも写真を撮れ、すぐにSNSで共有可能。

あなたはこのカメラの位置情報を目的に応じてオンオフ設定していますか?

もし気にしていないのなら要注意!

あなたの自宅情報が筒抜けになる恐れが大いにあります。

今からでも遅くはありませんので、対策しましょう。

スポンサーリンク

iphoneカメラ位置情報機能

位置情報機能を Exif(Exchangealbe image file format)といいます。

Exif(イグジフ、エグジフとも)。

これは iphone 内にあるGPSを使って、カメラ撮影場所を記録する機能です。

撮影した写真に位置情報を刻み込むわけですね。

本当に優れた機能で、いつ、どこで撮影したのかがすぐにわかります。

Facebook、インスタ、SNSなどにすぐ投稿し、友人から反応を得られると嬉しくなりますよね。

あなたが自宅で撮影した写真を投稿した場合どうなるでしょう?

もしExif設定のオンオフをしっかりしておかないと、ネット上にあなたの自宅住所を公開することになります。

これはセキュリティを考えると良くありませんね。

しっかりと対策しましょう。

では、位置情報のオフ設定について解説します。

位置情報オフ設定

iphone の設定から入ります。

続いて設定内の「プライバシー」を選択。

プライバシーの「位置情報サービス」

位置情報サービスの「カメラ」を選択。

「許可しない」を選びましょう。

これでOKです。

設定をオンにする場合は、「このAppの使用中のみ許可」を選択でOK。

続いて、すでに撮ってある写真に位置情報があるのかどうかをチェックしましょう。

スポンサーリンク

写真のExif情報チェック

パソコンでチェックする場合

過去に撮影した写真を投稿する前にチェックしましょう。

該当の写真を右クリック。

すると選択肢が表示されるので、「プロパティ」を選択します。

プロパティのウインドウが開くので「詳細」をクリック。

詳細が表示されます。

下の方へスクロールしていくと「GPS」の項目があります。

下画像のようにGPS項目に「緯度」「経度」「高度」が表示されている場合は、Exif情報が生きていますので、投稿しないようにしましょう。

iphoneでチェックする場合

iphone に保存されている写真を開いてみましょう。

機種によって違いはありますが、写真の上に地名や住所、撮影日時が表示されていたらExif情報が生きています。

投稿しないようにしましょう。

Exif情報削除アプリ

Exif情報の残っている写真をどうしても使いたい、と思ってしまうのが人というもの。

あなたも経験あるのでは?

もちろん私も経験ありです。

アプリをダウンロードして対処することも可能です。

アプリはたくさんの種類がありますが、有名どころを。

・Photo Check
・GPS Deloger

上記どちらかをダウンロードして使用すればExif情報削除が可能。

ただアップデートなど何かのタイミングと合ってしまい、Exif情報削除が不完全だった、という可能性も捨てきれません。

Exifの設定オンオフを使い分けるのがもっとも安全でしょう。

さいごに

以上が写真投稿前の安全対策でした。

自分の自宅住所が筒抜けになるなんて、怖いですよね。

オンオフ設定はとっても簡単なので、面倒と思わずに設定しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする