松戸花火大会2018の日程決定!観覧は千葉、東京で計画を変えよう

松戸花火大会2018年の日程が決定しました。

江戸川を挟んだ千葉県松戸市側で行われる花火大会。

観覧場所は千葉県側か東京側にするかで、計画の立て方が変わってきます。

交通機関の利用方法を踏まえ、場所取りも考えていきましょう。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク

松戸花火大会2018基本情報

松戸市制施行75周年記念松戸花火大会 イン 2018

日時:2018年8月4日(土)※悪天候時は8月5日(日)へ

打ち上げ場所

赤:打ち上げ場所
青:松戸駅

アクセス

常磐線、新京成線:松戸駅西口より徒歩10~15分

時間:19:15~20:20

打ち上げ数:10,000発

人出数:21万人

駐車場:なし

有料席:あり ※現在企画中

松戸花火大会2018の特徴

伝統的な花火、近代的スターマイン(連続発射)、音楽と連携した花火が松戸花火大会で行われます。

また、花火の基本は光、色、音を調和させることだそう。

もちろんこれら3つも意識して構成されている花火大会となります。

↓↓2017年の映像がこちら↓↓


2:07の動画ですが、ず~ッと広範囲で花火が続きます。

そして1:49のラストは、スカッとしますよ!

では、続いて場所取りについて考えましょう。

スポンサーリンク

場所取りはどうする?

江戸川で行われる松戸花火大会。

東京、千葉の両サイドから観覧ができます。


赤:打ち上げ場所
青(右):松戸駅
青(左):金町駅
黄:松戸側堤防
紫:立ち入り禁止区域

※黄、紫の場所マークは概略です。

堤防沿いで観覧が可能ですので、場所取りはそこまで神経質になる必要もないでしょう。

ただし関東での花火大会。

しかも人口密集地でもある場所です。

やはり早め早めの行動を心がけるのがおすすめですよ。

松戸側で場所取り

常磐線、新京成線の松戸駅西口から徒歩で10~15分程度。

とてもアクセスは便利ですね。

すこし早めに来て、松戸駅周辺を散策するのもOK。

とくに屋台は、駅から堤防の間に出店されています。

堤防まで向かう途中で食べ物や飲み物を買っておくといいでしょう。

帰りはもちろん激混みは避けられません。

人工密集地でもありますから、すこし時間を潰して駅に向かうのも方法のひとつですね。

例年、南側の葛飾橋近辺が比較的すいているとのこと。

東京側で場所取り

もし松戸駅から東京側の堤防に向かうのであれば、かなりの距離を歩くことになります。

北側の上葛飾橋、または南側の葛飾橋を渡らなくてはならないから。

常磐線の金町駅から歩くという手もあります。

が、松戸駅から東京側の観覧場所まで歩く距離と大差はありません。

また広大な堤防敷地が立ち入り禁止区域となります。

つまり、あまりアクセスが良くないわけです。

その分、観覧する人の数も若干少な目とみていいでしょう。

どちら側にするかは、あなたとご家族の状態を見て判断するといいですね。

例年、葛飾橋近辺がすいているとのこと。

お子さんに浴衣を着せるのであれば、松戸駅からゆっくりと歩き、松戸側の堤防がおすすめとなりますね。

さいごに

以上が松戸花火大会2018の情報でした。

人工密集地で行われる花火大会。

松戸側からはアクセスは良いですが、東京側となるとちょっと悪いですね。

その穴を突いていくという腹案も持ちつつ計画してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする