読書のおすすめ場所 in 船橋|焙煎珈琲を味わいながら読書の贅沢

カフェで読書。

読書好きにとっては贅沢な時間ですね。

千葉県の船橋で読書をしたいのなら、おすすめの場所があります。

船橋珈琲焙煎所Shapo船橋

焙煎コーヒーを楽しみながら、読書にも集中できるという読書好きにとって最高の場所。

とってもおすすめです。

では、体験記をお伝えしますね。

スポンサーリンク

読書のおすすめはカフェ

読書に集中できる場所というのがあります。

静か過ぎず、かつ、うるさくない場所。

少し雑音があるほうが、読書するにも集中しやすいという心理学の教えがあるんですね。

さらに美味しいコーヒーを飲みながら、読書する至福のひととき。

読書好きにとって定番ともいえるスタイルですね。

では、カフェの基本情報をみていきましょう。

「船橋珈琲焙煎所Shapo船橋」基本情報

場所:千葉県船橋市本町7-1-1 Shapo船橋B1F

営業時間:10時~21時
※ラストオーダーは20:30

メニュー:コーヒー、ソフトドリンク、サンドウィッチ、パスタ類、デザートなど

◆コーヒー豆の購入可

JR船橋駅中央改札から出ます。

同じビルディング内(Shapo)なので、そのまま地下1階へ。

南側にいい感じのカフェが現れます。

コーヒーはオーダーしてから焙煎するので、店内にはいつもコーヒーの香りが漂っています。

コーヒー好きにはたまらない空間なわけですね。

コーヒーはハンドドリップコーヒープレスを選択可能。

私はハンドドリップが好きですね。

コーヒープレスは少しにがい感じがしました。

プレスにより抽出液がにごったり、ザラついた感じが出るのがコーヒープレスの特徴。

好みの別れるところですね。興味があれば、コーヒープレスも飲んでみてくださいね。

では、つづいてカフェの体験記です。

スポンサーリンク

「船橋珈琲焙煎所」体験記

かなり人気のカフェで、休日などはお客さんが並んでいます。

今回、私はすんなりと入店できました。

店内はやわらかい感じの照明で、リラックス効果抜群。

それでも読書には問題ありません。

席は2人、4人、6人用などがあります。

木材の味を出した壁や天井が最高。

またレトロな感じの棚もあり、いい雰囲気。

メニューをチェック。

コーヒーが550円(税別)のリーズナブルな価格。

私は船橋ブレンドをオーダー。(ハンドドリップ)

その他、ソフトドリンクなどもオーダーできます。

もちろん食事もできるので、空腹を感じたときは結構ガッツリ食べてます。

そして至福の読書タイムへ。

コーヒーと読書

今回読んだ本。

「壺霊」

内田康夫・著作

結構ハマってます。

主人公・浅見光彦シリーズがやっぱり面白い。

興味があればこちらの記事もどうぞ
↓↓↓
ミステリー小説「壺霊」のおすすめ

そうしているうちにコーヒーが。

結構な量が入っているので、1杯だけでも満足できますよ。

中央にある金属の入れ物にはミルク。

はじめはブラックを味わい、半分以降はミルクを入れて違う味を楽しむのが好き。

ブラックはちょっとした苦味で、読書に集中できます。

店内は満席状態で、賑やかな話し声が静かに響きます。

それでも読書の妨げにはなりません。

1時間ほど集中しました。

やっぱりカフェでの読書は最高ですね。

さいごに

以上が船橋珈琲焙煎所の体験記でした。

JR船橋駅からすぐです。

というか駅ビル内。

船橋に来る機会がありましたら、足を運んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする