袋井花火大会2018日程決定!穴場不要の大整備、袋井市の気合はOK

袋井花火大会2018の日程が決まりました。

静岡県袋井市で行われるこの花火、別名「全国花火名人選抜競技会」。

そのため、袋井市は河川敷をすでに大整備したようです。

穴場は不要。

河川敷へ行き、間近でド迫力の花火を堪能しましょう!

スポンサーリンク

袋井花火大会2018基本情報

全国花火名人選抜競技会 ふくろい遠州の花火2018

日時:2018年8月11日(土)※荒天時は8月12日(日)へ

打ち上げ場所


赤:打ち上げ場所
青(右):JR愛野駅
青(左):JR袋井駅

アクセス

東海道本線

JR愛野駅より西へ徒歩20分
JR袋井駅より東へ徒歩20分

時間:19:00~21:00

打ち上げ数:25,000発

人出数:40万人

駐車場:なし

有料席:あり ※6月23日(土)10:00より販売開始

袋井花火大会2018の特徴

花火を音楽に合わせる、完全コンピュータ制御のドンピシャスターマインが打ちあがります。

そしてなんといっても、全国から選抜された花火名人が競い合う匠の大会。

優勝者には文部科学大臣賞が贈られるそうですよ。

↓↓2017年度のフィナーレ↓↓


1:00までは特になにもありません。

2:45からラストまでは必見。コンピュータ制御スゲ~!!って感じますよ。

これはもう芸術のフィナーレです。

有料席情報

2018年6月23日(土)10:00より販売が開始されるようですね。

上記動画のフィナーレを間近で味わいたいのなら、購入も考慮しておきたいですね。

イス席ペアシート:8,000円

イス席(A,B,C):5,000円

ブロック席:4,000円

ファミリー席:20,000円(6名まで)

スポンサーリンク

自由席の場所取りを考える

当日場所取りは午前10時より可能。

線路北側にある親水公園西側、JR袋井駅から会場までの原野谷川河川敷は大整備されたようです。

袋井市の気合は本物ですね。

広大な範囲が自由席となります。ではみていきましょう。


赤:打ち上げ場所
青ポイント:有料席会場
赤地域:自由席
紫地域:自由席
黄:タンク付近(眺め良し)

※赤、紫の地域は概略で表示

赤地域

河川敷となります。JR袋井駅より北へ向かい、河川敷へ出て東へ進みましょう。

赤い部分はすべて自由席として場所取り可能。

河川敷北側、南側と選択可能です。

紫地域

愛野公園となります。

袋井市はこちらの東西の公園をも整備。観覧する人のために頑張ってくれました!

西側の公園にある黄色のポイント。

タンク付近ですが、小高い丘の上となります。

花火を観るにはかなりいいポジションとなります。

大多数の人が河川敷に流れるでしょう。

群集心理の裏を突いて、初めから愛野公園タンク付近を確保するのもひとつの手ですね。

40万人もの人が押し寄せますので、念入りに計画しましょう。

●花火大会の大原則

早め早めの行動あるのみ

さいごに

以上が袋井花火大会の情報でした。

全国から選抜された花火名人の競技会。

クオリティーは最高でしょうね。

自由席も袋井市は大整備をしてくれています。

思い出の花火大会にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする