麻布十番祭り2018日程決定!商店街のみの屋台300店、他盛沢山

麻布十番といえば、おしゃれなイメージの街ですよね。

私は「麻布十番 = 芸能人」と勝手に思い込んでました。

1回も見たことないですけど。

さて、麻布十番祭り2018の日程が決定しました。

300も出店する屋台も魅力ですが、お祭りだけあって他にも盛りだくさんの内容です。

ここでは基本情報、屋台、その他出し物、雨天についてを紹介します。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

麻布十番祭り2018基本情報

麻布十番納涼まつり 2018

日時:2018年8月25日(土)、26日(日)※雨天決行

開催場所:麻布十番商店街


紫地域:麻布十番商店街
青(電車ポイント):麻布十番駅

※紫範囲は概略です

アクセス

都営大江戸線、メトロ南北線:麻布十番駅下車すぐ

(※2017年情報)
・7番出口は利用不可
・4番出口は混雑状況により閉鎖の可能性あり

時間:15時~21時(2日間とも)

人出数:50万人以上

交通規制:14時~21時30分

麻布十番祭り2018の屋台

最大の売りは屋台でしょう。

お祭りの開始が15時からというのも、メインが屋台である、と宣言している感じですよね。

それもそのはず!

2012年から、麻布十番祭りの屋台出店は商店街の店のみに限定しているんです。

当然、屋台フードのクオリティーの高さは折り紙付き!

存分に屋台を楽しめますよね。

商店街の店が屋台を出すというクオリティーの高さ。

神楽坂祭りも同じような感じですよ。

→ 神楽坂祭り2018情報

さて、300店の屋台が並ぶ麻布十番祭り。

ミシュランが認定した中華料理「富麗華」の屋台はおすすめ。

高級な料理のお店なのに、屋台ではかなりリーズナブルなお値段。

また、お祭りなら純日本風がいい!というあなた。

「あべちゃん」は外さないように。

個人的におすすめなのは「煮込み」

煮込みは本当においしいです。

平日にこちらの店に行って食べたことがあるので、おすすめ!

その他、イタリアン、焼き鳥、かき氷、アイス・・・。

とにかくお腹パンパンになるまで食べつくしましょう!

スポンサーリンク

屋台だけじゃないぞ!出し物たくさん

2017年は「おらがくに自慢」を行いました。

これは北海道から九州まで、日本全国の料理を食べ比べ。

あれもこれもと、たくさん食べてみたいですよね。

屋台もあるのに・・・、悩む。

また、「ふれあいこども広場」もあります。

お子さんとゆっくりと夜店を楽しめる区画。

フード、金魚すくい、射的など遊びがいっぱい。

入場にはチケット(300円)が必要。

さらにパフォーマンスステージもあり。

ステージでは2日間、様々なパフォーマンスが盛りだくさんで披露されます。

音楽、和太鼓、ダンスなど、次々と回転。

屋台巡りに少し疲れたときなど、足を止めてゆっくりとパフォーマンスを楽しむのもまたお祭りの良さですよね。

雨天時について

麻布十番祭りの凄いところは、雨が降ってもやってやる!という意気込み。

雨になると、人出数も若干少な目になりますが、それでも商店街にはたくさんの人で混み合います。

傘をさして歩く場合は十分に注意しましょう。

個人的には百均カッパをおすすめします。

使い捨てだし両手もあくので、行動の自由をキープできますよ。

天気予報をしっかりとチェックしておきましょうね。

さいごに

以上が麻布十番祭り2018の情報でした。

おしゃれな街、麻布十番。

屋台のクオリティーも高く、2日間存分に楽しめるお祭りです。

ぜひ、お腹を空かせて行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする