格闘技の種類|人気あり、またダイエット用格闘技まで一気に紹介

人気格闘技ってなんだ?

たくさんの格闘技が存在しますが、種類によって人気に違いがあります。

人気というのは知名度が高く、練習する人口も多いということ。

また雑誌等にもよく登場するなどの特徴があります。

いったいどのような格闘技が存在し、どの格闘技に人気があるのでしょうか。

またダイエット用の格闘技とは。

今回は人気、さらには女性に人気のあるダイエット格闘技まで紹介していきますね。

あなた自身、ご家族で、またお子さんに習わせたいと思っているのなら、ぜひご参考までに。

スポンサーリンク

格闘技を6つの種類にわける

まず格闘技を大きく6つのカテゴリーに分けましょう。
※私個人によるカテゴリー分けとなります。

①、打撃系
②、組技系
③、総合
④、護身術
⑤、武具使用
⑥、伝統武芸

①、打撃系

パンチ、キック、ブロックを主体とする格闘技。

空手、ボクシング、キックボクシング、ムエタイ、テコンドーなどとなります。

②、組技系

投げ、関節技、寝技、タックルなどが主体。

柔道、レスリング、ブラジリアン柔術、サンボ、モンゴル相撲など。

③、総合

①、②を合わせたもの。現在の格闘技の主流となりつつあります。

アメリカのUFCが有名な大会。

基本概念としては、立っていれば打撃、倒れたら寝技で対処できるように練習体系が

できあがっています。

また日本拳法は防具を付けた総合格闘技といわれています。

④、護身術

トーナメント大会などの試合を行わない。いざという時に役立てばいいという考え。

クラブマガ、少林寺拳法、合気道、システマ、ジークンドーなど。

とくにクラブマガは法執行機関にも採用されているなど、人気急上昇中でもあります。

⑤、武具使用

いわゆる武器術から発展した格闘技。

剣道、薙刀、フェンシング、銃剣道、スポーツチャンバラなど。

⑥、伝統武芸

古流より伝わる武術を伝統芸能のひとつとして練習しているもの。

人により実戦性追求、趣味、健康維持等に分かれる。

古流剣術、古流柔術、中国武術、忍術など。

では、上記から人気の格闘技をピックしてみますね。

スポンサーリンク

人気格闘技

カテゴリーでみると、①打撃系、②組技系、④護身術、そして⑤武具使用となります。

それぞれのカテゴリーから特に人気なものをピックしてみましょう。

①打撃系

空手とボクシング。

この2つは不動の人気。専門雑誌も毎月出版されているくらい。

強さの証明とは、パンチ力 なのかもしれませんよ。

②組技系

柔道とブラジリアン柔術。

体育の授業で柔道を知ることが、きっかけのひとつと考えられます。

また部活で柔道部は定番ですね。

そしてブラジリアン柔術。90年代に世界を震撼させた寝技。

よほどインパクトが強かったのでしょう。日本でも大人気の格闘技のひとつ。


1分間の動画。基本的な練習風景ですね。

派手さはまったくありません。事実、派手な技というのは全く使えません。

道場稽古の雰囲気を感じてみてください。

④護身術

合気道とクラブマガ。

合気道は力を使わない関節技や投げ技というイメージが人気のようです。美的護身術として女性にも人気。

クラブマガはどんどん人気が出てきています。イスラエル発祥。

アメリカのFBIも採用している、使える護身術。

試合という概念は一切ない練習体系です。

⑤武具使用

剣道。

日本伝統の剣術より発生したスポーツでもありますね。

学校の部活動でも定番の人気があります。

さすがは日本伝統の武道。

剣道の道場はいたる場所で見かけますね。

続いて、ストレス発散型格闘技を見ていきましょう。

ダイエット、エクササイズとしての格闘技

いま女性に大人気となっている格闘エクササイズがあります。

スポーツジムのホールなどで行われる「格闘もどき」エクササイズ。


2分間に満たない動画ですが、かなりの運動量!

これはかなりのカロリーを消費できそうですね。

ボクササイズやキックボクササイズは、無理をすることなく、かつ全身運動。

さらにジムによっては、ちょっとしたターゲットを叩けることでストレス発散も期待できます。

また本格的な格闘技とは違い、相手と戦う必要もなく、道場のような堅苦しさもない。

気楽に楽しめることが大きな人気となっているようですね。

いきなり格闘技からではなく、まずはスポーツジムからスタート、というのも選択肢が広がりますよ。

さいごに

以上、格闘技の種類と人気、ダイエット用格闘技まででした。

意外と種類の多い格闘技。

調べるだけでも一苦労ですね。

本記事が少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする