十五夜はいつ?2018年のお月見は伝統と科学的視点で新たな月を

十五夜。

綺麗なお月さまを見て、ゆったりとしたひと時をおくる日ですね。

2018年はいつなのでしょう?

2018年のお月見は、昔ながらの伝統を大切にしつつ、科学的視点も入れて新しい感覚で行ってみるのもありですよ。

あなたに小さなお子さんがいるのなら、ちょっとしたマメ知識でお話でもしてくださいね。

スポンサーリンク

2018年の十五夜はいつ?

今年の十五夜は、

2018年9月24日(月)となります。

さて、十五夜はお月見。

綺麗な月を眺めながらゆっくりとした時間を楽しみます。そのためにはちょっとしたお供えものがあると、グッと伝統的な感じになりますよ。

・月見団子

丸い団子はお月さまという意味でもあるそうです。

団子をお供えし、お月さまといっしょに頂きましょうね。昔は里芋を煮たものをお供えしていたそうです。

月見団子は、十五夜近くになると販売されるので、購入してもいいですね。

・ススキ

ススキは昔から魔除け効果があるとされてきました。また、秋は米の収穫時期を祝い、モミのついた稲をお供えにしたとも。

ススキはモミのついた稲に似ていることから代用されたとも考えられています。

ススキは都会では難しいかもしれませんが、団子ひとつあるだけでも良き伝統のお月見が楽しめるのではないでしょうか。

十五夜と十三夜

十五夜は旧暦の8月15日にあたり、中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)といわれます。

ただ9月は台風シーズンであり、雨も多いですね。

十五夜がダメだった場合、十三夜というものもあります。

十三夜は旧暦の9月13日で、後の月(あとのつき)といわれます。

2018年は10月21日(日)となります。

さて、旧暦と出てきましたが、十五夜はその年により大きくズレが生じます。

そして2019年の十五夜は 9月13日。

なぜでしょう。

続いて、旧暦と新暦についてサクッと見ていきましょう。

スポンサーリンク

旧暦と新暦

旧暦とは太陰太陽暦といい、月の満ち欠けと太陽の動きを合わせて考える暦。

新月から新月までが29.5日。

1年は354日となります。

現在使っている新暦は太陽暦(グレゴリオ暦)で、日本では明治5年(1872)に採用。

1年は365日。

つまり旧暦と新暦では11日間のズレが毎年生じることに。

旧暦では3年に1度「うるう月」を入れて調節したようです。

3年のうち1年は13カ月もあったわけですね。

そのため十五夜は毎年大きくズレるわけです。

では最後に月の科学的マメ知識です。

月とは

月は地球の周りを公転している衛星ですね。

そして月の公転周期と自転周期は同じ。

つまり月の自転ってとっても遅いわけです。

地球が1か月分自転した時、月はようやく1日分の自転を終えます。

この事実が何を教えてくれるのか。

なんと地球からは月の片面(表側)しか見ることができないんですよ!

※常に表側を地球に向けているということ。

月の模様って、いつ見ても同じじゃないですか?

ここから「ウサギの餅つき」という模様が定着したのかもですね。

では、月の裏側ってどうなってるのか?

科学技術の発達により、ついに解明されたんです。

2007年に日本の探索衛星「かぐや」、2015年にはアメリカの宇宙気候観測衛星「ディスカバー」が月の裏側の撮影に成功しています。

裏側ってクレーターだらけでデコボコ。

画像を見ると気持ち悪いです・・・。

月のイメージが・・・。

さらに「ディスカバー」が撮影に成功した、太陽に照らされた月の裏側と青い地球。

これはすごい!

黄色く輝く月じゃないんです。

なんと月は「灰色」だった・・・。

ウ、ウサギ・・・餅つき・・・、かぐや姫はどこ???

お月見を楽しんでくださいね。

さいごに

十五夜、お月見についてでした。

地球から見る、幻想的な月。

古より人々の夢や神を連想させたありがたい存在。

そんなお月さまをゆっくりと堪能してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする