お彼岸はいつ2018|政府が日程決め?意味も墓参りだけじゃなかった

お彼岸。年中行事でよく耳にしますね。

2018年のお彼岸はいつなのでしょう?

じつはお彼岸がいつになるかは、政府の決定に左右されるんです!

それも年2回。

しかも、お彼岸の意味ってただお墓参りをする、だけではないんです。

意外と知らないお彼岸。

ここではお彼岸についてサラッとみていきましょう。

スポンサーリンク

お彼岸2018はいつか?

お彼岸は年2回、春と秋にあります。

春分の日と秋分の日それぞれを中日として前後3日間の1週間が「お彼岸」となります。

春彼岸2018

3月18日:彼岸入り
3月21日:中日(春分の日)
3月24日:彼岸明け

秋彼岸2018

9月20日(木):彼岸入り
9月23日(日):中日(秋分の日)
9月26日(水):彼岸明け

お彼岸の日程は政府が決める?!

じつは毎年2月、翌年の祝日が閣議決定するんです。

今年(2018)の祝日は2017年2月に日程が決められていたわけですね。

天文観測による昼と夜の長さが同じになる日を計算し、春分、秋分の日を確定。

2月に発表されるという流れです。

天文観測なので、数年先の概ねの予測はできます。

が、最終決定は政府なので、公式発表を待ってから予定を立てた方がいいですね。

ただ1年先の計画になってしまいますけど・・・。

お彼岸の意味とは

お彼岸といえばお墓参り、とすぐに出てきますよね。

ところが元々は仏教における「修行期間」であり、「悟り」という境地に到達する意味だったんです。

「彼岸(ひがん)」とは向こう側という意味。

つまり欲望や望みの多い現世に住む凡人が厳しい修行を終え、悟りという「向こうの世界」へ行くことだったんですね。

やがて仏教も日本独特の文化により日本化が進みました。

「向こうの世界」が死後の世界と考えられるようになり、ご先祖様を偲ぶように。

「彼岸」は「あちら(死後)の世界」となりました。

ちなみに「こちら(生きている世界)」を「此岸(しがん)」といいます。

また、春分、秋分の日は昼と夜の長さが同じになりますね。

太陽は真東から昇り、真西へと沈みます。

「東は此岸、西は彼岸」と考えらており、昼夜の時間が同じということで、あの世とこの世が近くなると考えられました。

お彼岸という考えは日本独自のもので、他の仏教国にお彼岸はありません。

日本文化の味をひとつ見つけることができました。

スポンサーリンク

ぼた餅、おはぎ、墓参り

お彼岸の定番でもある「ぼた餅」と「おはぎ」。

もち米、うるち米、あんこで作られた和菓子。

違いはなんだと思いますか?

じつは同じものなんです。

春はぼた餅、秋はおはぎ。

春に咲く牡丹の花から「牡丹餅」と呼ばれました。

また秋に咲く萩の花から「お萩」に。

春分と秋分で呼び方を変えていただけだったわけですね。

墓参り

お彼岸の墓参り。

いつ行けばいいのか?と考えてしまいますよね。

じつは墓参りの日程は決まっていません。

つまり、あなたの都合によって決めていいわけです。

お彼岸期間中にお参りに行きましょう。

そしてぼた餅、おはぎをお供えし、お参り後に持ち帰ります。

持ち帰ったお供えは、みんなで食べても大丈夫。

お供えとして使用したものには力が宿ると仏教では考えていますので。

ただ、生ものですので傷む前に食しましょうね。

さいごに

以上、お彼岸についてでした。

ただのお墓参りではなく、本来は修行の期間であったとは驚きですね。

やがて日本独特の文化となったお彼岸。

ご先祖様を偲んで、お墓参りに行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする