ハロウィンはいつ?2018|起源説2つと米国ハロウィン体験談も解説

ハロウィンはいまや仮装パーティーの代名詞ですね。

2018年のハロウィンはいつなのでしょうか。

ところでハロウィン起源は2つの説があるって知ってますか?

ひとつは収穫祭説、もうひとつは死神宗教儀式説。

宗教儀式説は怖いですよ。

今回は2つの起源説、カボチャ、そしてアメリカで体験したハロウィンについて紹介します。

ハロウィンが近づいたら、あなたのお子さんにお話してあげてくださいね。

スポンサーリンク

ハロウィン2018はいつ?

2018年10月31日(水)

となります。

毎年10月31日がハロウィンの日です。

これはもう固定なんですね。時期が近づくと、仮装用衣装が販売され始めますのでわかりますよ。

とくに「ドン・キホーテ」は凄いですからね。

では続いて2つの起源説についてです。

ハロウィン2つの起源説

収穫祭説

古代ケルト人の祭りとされています。

秋の農作物収穫時に、感謝の気持ちのお祭りが開かれました。その日付が10月31日。

収穫祭と同時に亡くなった人の魂も帰ってくる日だったんです。

さらに魔物までがついてくると信じられていた時代だったわけです。

そのため、魔物やオバケに仮装しました。

効果としては、

・魔物の仲間であると思わせる
・ビックリさせて退散させる

というように、どこか微笑ましさがありますね。

以上が収穫祭説です。

死神宗教儀式説

古代ケルト人は死神を信仰していたという説。

その死神を祭るため、毎年生贄を捧げる血なまぐさい宗教儀式が起源となったといわれます。

「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」

ハロウィンの決まり文句であり、微笑ましい子供たちが思い浮かびますよね。

ところが、宗教儀式では笑いごとではなかったとのこと。

「生贄を差し出せ!さもなくば、村ひとつ消えるぞ」

こうして人攫いのごとく、生贄が生まれていったという説です。

伝説、童話、起源説などは何かしらの事実が元となり、現在まで言い伝えらえるといいます。

「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」も、ひょっとしたらあの時代に逆戻りしないことを祈った戒めの言葉なのかもしれませんね。

私としては収穫祭説を支持したい・・・。

やがて古代ケルト人もキリスト教へ吸収されていき、ハロウィンもキリスト教の聖人を讃えるものへと変化したようです。

時を経てアメリカへ伝わり、現在では若者に人気のイベントとなりました。

次にハロウィンの顔、カボチャについてちょっとお話します。

スポンサーリンク

なぜカボチャのランタン?

カボチャオバケのランタンがまさにハロウィンって感じですよね。

あれはいったい何なのでしょうか?

あのカボチャは「ジャック・オー・ランタン」といいます。

オバケの顔をしているのは、亡くなった人の魂が帰ってくるのに便乗した魔物を退散させるためです。

つまり「お守り」なんですね。

イギリスではカブをくり抜いて作成していたようです。

アメリカへ伝わったときにカボチャへ変わったそうですよ。

というのもアメリカではカボチャが大量に収穫されていたから。

その上、大小様々なカボチャがあり、たくさんのパターンのランタンが作成し易かった、というのも大きな要因となったのでしょう。

ではいよいよアメリカでのハロウィン体験です。

アメリカのハロウィン

私は以前、アメリカに滞在していました。大学生として。

その時に体験したお話です。

アメリカってイベント好きなんですよ。

とにかくいたるところで1年中フェスティバル、フェスティバル、フェスティバル。

ハロウィンもその中のひとつという感じでした。

さらにウォルマートという量販店がいたる場所にあり、ハロウィンアイテムを安値で購入可能。

また大人は子供たちのためにお菓子を大量買い。

その量ときたら・・・。

さすが資源大国・アメリカですわ。

ハロウィンイベントは町のそこら中で行われている感じですね。

家庭内や、教会、イベントホール、大学のキャンパス内など。

それぞれのハロウィンを楽しんでいるという印象でした。

私はサムライの衣装でパーティーに参加したら、意外と受けました。

ちなみに忍者衣装の子供たちが多かったですね。

さいごに

ハロウィン。

現代では本当に楽しいビッグイベントとなっています。

が、起源には恐ろしさがあったのかもしれませんね。

お子さんとの話題づくりの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする