池袋ハロウィン2018|子供と一緒にコスプレフェスで新感覚を!

池袋のハロウィンイベントは新感覚を楽しめます。

その名も「池袋ハロウィンコスプレフェス」

ハロウィンだけどアニメのコスプレもたくさんいるニュースタイルイベント。

しかもコスプレのクオリティは世界トップレベル。

お子さんがアニメ好きなら行って損なし!

2014年にスタートした、まだまだ新しいイベント。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

池袋ハロウィンコスプレフェス2018基本情報

池袋ハロウィンコスプレフェス2018

日時:2018年10月27日(土)、28日(日)※予測
※公式発表まだなし
※わかり次第更新します

開催場所:池袋東口エリア

※公式発表後、MAP掲載予定

アクセス

池袋駅

JR山手線、埼京線
東武東上線
西武池袋線
東京メトロ有楽町線、丸ノ内線、副都心線

時間:10:00~18:00(両日とも)
※2017年情報
※わかり次第更新

人出数:10万人

池袋コスプレフェス参加方法

参加方法は2通りあります。

①、コスプレイヤー登録し、コスプレして様々なコーナーに参加する。

②、見学者として観覧参加。(見学は無料)

どちらでも自由に選べます。

そしてこのイベントは、他にはない最大の特徴があります。

開催期間中(時間内)は街中をコスプレしたまま歩けるということ。

池袋東側にアニメのキャラクターやハロウィン衣装を着た人がたくさん歩いているわけですね。

アニメ好きのお子さんは興奮間違いなし!

楽しみ方は人それぞれ。

コスプレは年々、人気度が上がってきています。


前半はサンシャインシティ外側でのフェスの雰囲気が伝わります。

4:21 からはハイクオリティなレイヤーさんたちの写真が流れます。

見学者としてカメラを撮りまくってもいいですね。

コスプレイヤーの方に声をかければ、いろいろとポーズを決めてくれますよ。

お子さんと一緒に撮らせてもらえると、ひとつ思い出ができますね。

いやいや、こうなったら登録してコスプレイヤー参加しちゃいますか?

では参加方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

コスプレイヤー登録・参加

コスプレイヤーとして参加する場合は、登録料を支払います。

2017年は1日分が1,000円。2日連続参加の場合は2,000円となりました。

この値段は更衣室、荷物置き場手数料となるそうです。

更衣室の利用は10時~18時。

また「ワンデイ・プレミアム・パスポート」もあったようですね。

1日分が2,800円。

特典は、

・午前9時より更衣室利用可能
・専用室(スマホ、カメラ充電用電源あり)利用
・専用トイレ、休憩室
・コスプレコンシェルジュ滞在

1時間早く着替え可能なのは大きいですね。

2018年はどうなるでしょうか。

登録受付は、サンシャインシティワールドインポートマート Aホール。

「親子でハロウィン!」

親子参加型のイベントもありました。

2016年から始まった企画。

お子さんと一緒にコスプレをして、思い出を残します。

14時に受付、15時からイベント開始だったようですね。

人気度も高かったようですよ。

コスプレパレード

2017年から始まった企画。

立教大学マーチングバンドを先頭に行進する。

見学者が道の両端に陣取り、レイヤーの皆さんをどんどん撮影します。

ポーズを決めながら歩くといいですね。

2017年は250人のレイヤーさんが参加したようです。

コースはサンシャイン通りからサンシャイン60通りへ。

ハロウィンとコスプレが融合した新感覚。

まさに世界初ともいえる新しい文化ですね。

さいごに

以上が池袋ハロウィンコスプレフェス2018についてでした。

公式発表され次第、記事内容を更新していきますね。

コスプレイヤーとして参加する。

見学者として観て楽しむ。

どちらでも自由に選んで、お子さんに楽しい思い出を残してあげましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする