面白い雑学ネタ⑥冷たい飲み物のコップはなぜ汗をかく?

夏に冷たい飲み物をコップに入れていると、コップが汗をかくきますね。

あれはいったいどのようなメカニズムなのでしょうか。

汗をかいたコップは冷たそうで、暑い時期だととても美味しそうにみえます。

今回は、コップが汗をかくメカニズムを調べてみました。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

コップが汗をかく原因:飽和水蒸気量

コップが汗をかく原因は、飽和水蒸気量となります。

空気は気温が上がるほど、空気内に水分を含む性質があります。

そのため、気温の高低により、空気に含まれる水分量が上下することに。

それぞれの気温により含まれる水分の限界量を、飽和水蒸気量といいます。

コップが汗をかくメカニズム

空気は気温が高いと空気中にたくさんの水蒸気を含みます。

逆に、気温が低くなると水蒸気量もたくさん含むことができなくなるわけです。

ここからメカニズムが見えてきます。

夏の暑い時期、コップに冷えた飲み物を入れると、数分以内にコップが汗をかき始めます。

これは気温が熱い日、空気は大量の水蒸気を含んだ状態ですね。

ところが飲み物を入れたコップの周りの空気は、急激に冷やされることに。

その結果、コップ周辺の空気が冷やされ、飽和水蒸気量が一気に低下。

水蒸気量が変化したことにより、空気中に含み切れない水蒸気が水滴となってコップに付着。

これが汗をかくメカニズムとなります。

コップが汗をかいて机上を濡らしてしまうってことが多いですよね、とくに夏場は。

どうしても濡らしたくないのであれば、汗をかく前に冷えた飲み物を飲み切ってしまうのがおすすめ。

ただし、一気飲みし過ぎてお腹を壊さないように注意してくださいね。

さて、汗をかくのはコップだけではありません。

しかも冬場でも発生することがあるんです。

スポンサーリンク

夏場だけではない、汗をかく現象

夏場はコップが汗をかく現象が多いですね。

ところが、冬場だと「窓」が大汗をかきます。

暖房をつけた部屋の中は快適ですよね。

真冬の暖房はもう欠かせない必需品。

さて、暖房をつけることにより部屋の温度が上昇。

気温が高くなるということは、飽和水蒸気量がも大きくなることに。

そして部屋と外気がもっとも強く触れ合う場所が「窓」となります。

冬場はいつも窓に水滴がついていますからね。

部屋の温まった空気が窓で一気に冷やされ、飽和水蒸気量がどんどん小さくなってしまいます。

結果として、空気中に含み切れなくなった水蒸気が窓に水滴となります。

この現象を「結露」といいます。

このように気温の変化によって水滴がつく、つかないという現象が発生します。

機会がありましたら、すこし観察してみるのも面白いですね。

さいごに

以上、コップが汗をかくメカニズムについてでした。

日常生活では当たり前の現象ですが、改めて観察してみると、思わぬ発見がありますね。

少しでも不思議な現象を調べて、楽しい日々を送っていきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする