登山初心者からおすすめ|道迷い遭難を防ぐために使える地図技術

登山遭難事故で最も多いのは「道迷い遭難」。

初心者から上級者まで誰でも陥る怖いものです。

道迷いがきっかけとなり、その後の重大事故に発展するケースも多々あります。

今回は、登山初心者からおすすめしたい、道迷い遭難を防ぐための地図活用法についてです。

ぜひあなたの登山に活用してください。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

道迷い遭難は本当に怖い

道迷いとは、ちょっとしたスキに忍び寄り、遭難したこと自体に気づかないというものです。

気づかない理由としては、滑落や転倒のように怪我をしていないから。

また道迷い遭難を経験した人が同じようなコメントをするようです。

道に迷ったかな?と感じたけど、まあ大丈夫だろうと思ってしまった。

と、こんな感じに。

つまり、道が違うかもと感じながらも、その修正を怠ってしまったわけですね。

ちょっとしたミスで道を間違え、それを認めない登山者本人の心理が合体して「道迷い遭難」は発生します。

道に迷ったと認めたとき、心に焦りが生じます。

なんとか日のあるうちに下山したい、と。

この焦りが、重大遭難事故のきっかけとなることに。

では、どのような対策がいいのでしょうか?

マメに地図をチェックしよう

「道迷い遭難」を防ぐには、地図とコンパスを使って常にチェックを怠らない。

これしかありません。

道の分岐点などは特に注意が必要。

また山によっては、登山道以外の道があったりします。

これはバリエーションルートといって、山菜取りや沢登をした人たちが歩いているうちに自然に小道となったルート。

この道に迷い込むと大変なことに。

そのためマメに地図をチェックが必要となるわけですね。

では、具体的にどうするのかをみていきましょう。

常に地図をチェックする方法

カーゴパンツのように、太もも付近に大きなポケットが付いたズボンがおすすめ。

地図を左右どちらかのポケットに入れ、チェックしたいときにすぐに取り出す。

本当におすすめ。私はいつもこのスタイルです。

一見ポケットから地図を落としそうですが、私はマメに地図をチェックするので、幸運にもこれまでなくしたケースはありません。

すぐに地図を手にできるので、歩きながら見てしまいがちですが、ここで注意が必要。

地図をチェックするときは、必ず足を止めてからにしましょう。

滑落、転倒などを防止するためですので、足を止めるのは必須です。

謙虚に。変な自信は持たない

登山中は常にあなた自身が地図上のどこにいるか、を把握しておく必要があります。

現在地の把握は最重要。

もし現在地に不安があるようでしたら、わかる場所まで戻りましょう。

これが道迷いを防ぐ鉄則です。

基本は30分に1回は地図をチェックしましょう。

それでもまだまだ不安なら、少し歩いてチェック、少し歩いてチェックです。

また風景が変わったらチェック。

とにかくチェック、チェック、チェック。

5分に1回でもいいくらいチェックしましょう。

それくらい現在地の把握は重要というわけですね。

スポンサーリンク

フットワークは軽く、山の中という自覚を

分岐点や道を間違えて別の尾根に入ってしまった場合、修正するために相当の体力を消耗します。

その危険を避けるためにも分岐点や不安を感じたら、すぐに地図をチェックしましょう。

町中とは違い、迷っても人に尋ねることはほぼできません。

あなたの読図スキルがたよりとなります。

※しっかり経験を積むまではグループで登山するようにしましょう。

違和感を感じたらすぐ戻る

もし道に迷ったと感じたら、すぐに確信を持てる場所まで戻る。

これは登山では不動の鉄則。

下りの場合、これがなかなか出来なくなります。

なぜならまた登らないといけないから。

これは辛いですよね。

私も嫌になります。

そして、ここが道迷い遭難の分かれ道となります。

多くの道迷い遭難者が違和感を感じながらも下り続けた原因。

再度登って戻るくらいなら、もう少し下ってみよう。

きっと下りられるに違いない、という期待。

5分下ると戻るのが億劫に。

10分下ると、自分の行為を正当化しようとします。

15分以上下り続けると、もう戻る気力もなくなります。

そしてどうしようもできなくなった時、自分が遭難したと認識することに。

だからこそフットワークは軽く、違和感を感じたらすぐに戻りましょう。

そして地図を何度もチェックしながら、安全に登山を続けましょう。

さいごに

以上、登山初心者からおすすめする道迷い遭難対策でした。

登山にはいたる場所に標識はありません。

道の分岐点に道しるべがあるくらい。

常に地図をチェックしながら、あなたの現在地を地図上で把握しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする