登山初心者へ|1人?それともグループで登る?長所と短所を比較

1人で登山をする人が増えています。

友人たちとのスケジュールが合わない、調整自体が面倒などいろいろ理由もあるようですね。

1人登山、グループ登山はいったいどちらがいいのでしょう?

ここでは双方の長所・短所を出してみました。

自由な単独か、安心のグループか。

双方に一長一短がありました。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

1人で登る

1人の長所

1人(単独、ソロ)登山の最大の利点は自由だということ。

登山のスケジュール変更なんて簡単です。

どの山に登るか、日程を変更するなどすべてあなたの都合でOK。

つまりグループ登山のようにスケジュール調整が不必要なんですね。

登山をする人にとってこの手軽さはなかなかのものです。

1人の短所

登山全行程すべてが自己責任となります。

計画の不備があっても、誰も教えてくれません。

登山中、その不備がすべてあなた1人にふりかかります。

また荷物はすべてあなたが背負わなくてはなりません。

登山中に何が必要か?など、しっかりとした計画作成をしなくてはならないでしょう。

そして1人登山最大の弱点。

遭難した場合の死亡率が高いということ。

とくに人がほとんどいない山奥での遭難事故は悲惨な結果に。

そのためにも、あなた自身がたくさんのスキルをマスターしておく必要があります。

読図、山の危険認知、ファーストエイド、サバイバル方法など。

必ず登山計画書は提出しておきましょう。

この登山計画書が、あなたにとって最後の命綱となりますので。

救助隊は、あなたが提出した登山計画書に沿って捜索を行います。

計画書を提出していない場合、救助する側はどこから捜索すればいいのかの検討すらつけません。

その結果、救助は遅れることに。(この遅延は生命に係わってきます)

以上が1人登山の長所・短所でした。

グループで登る

グループ登山の長所

仲間で感動を分かち合えるのが最高ですね。

登山中も会話が弾み、いろいろなことを話し合いながら楽しく登山が可能。

また必要な荷物をメンバーで分担できるので、より多くの必需品を携行できます。

ちなみにグループは「パーティ」ということもあります。

グループ登山で心強いのは、遭難や怪我をしてしまった場合。

必ず誰かが救助要請するために動くので、救助される時間も短縮可能。

つまり助かる可能性が高まるわけですね。

グループ登山の短所

メンバー全員のスケジュール調整が最難関というところでしょう。

忙しい現代人。

突然の仕事上の都合で、あっさりと登山計画が頓挫するなんてことも。

またグループでは、もっとも体力のない人にペース配分を合わせます。

そのため「もっと早く歩きたい」と思っても、できないことも。

さらにメンバーの1人が登山中に体調不良となった場合、安全のためにグループ全員で登頂中止の決定をすることもあります。

グループでは助け合えるという安心感はありますが、1人登山のように自由が利かないという短所が目立ちますね。

では、単独、グループ登山両方を経験している私自身の体験記をお伝えしますね。

スポンサーリンク

私の単独登山記

ある年の夏、私は神奈川県の丹沢山地へ1泊2日の登山を計画しました。

丹沢へ行きたい友人がいなかったので、1人で登ることに。

計画

全行程を1人で作成し、装備、必需品購入もすべて私1人で考え、決断しました。

荷物は20キロ。

アクセスは行き・帰りともにバスと電車利用。

登山実行

小田急線で新松田駅へ。そこからバスで「箒沢(ほうきさわ)」へ。

下車後、当然バスは走り去ります。

この時の感覚。周りには誰もいません。

なんか、寂しい・・・。

登山中はすべて私の計画で行動可能。

ペース、休憩、食事、寝る場所決定などすべてが自由。

そして当然のように登山中は無言。

ずっと自分自身との会話でした。

もちろん遭難防止を心がけ、常に地図で現在地をチェックを実行。

下山

1人で大自然を味わいましたが、誰とも分かち合うことはなし。

下山後も計画通り、バスと電車と利用して帰宅。

単独登山では感動の分かち合いはありません。

ただ自分ひとりで登山行程すべてを完了したという自信を持つことができます。

こうして培った自信が、もっと登山レベルをあげたいというモチベーションにつながるのは間違いありません。

つづいてグループ登山の体験記です。

私のグループ登山記(3~4人)

7月に1泊2日の谷川岳、9月に2泊3日の北岳を計画。

計画

lineを使って、計画、装備、食事などの意見を出し合いました。

あるメンバーはテントを持っている、別のメンバーは携帯コンロがあるなどの意見があり、登山前からワクワク感がありました。

そしてメンバーのテントを借りれることに。

おかげで北岳では全員で装備を分担し、北岳山荘のキャンプ許可地でテントを張る計画が可能に。

登山実行

アクセスはメンバーのマイカー利用。

とっても楽ちんでした。

登山中は会話も弾み、全行程が楽しく過ごせました。

また私は高山病になってしまいましたが、メンバーが食事を用意してくれ、さらに温かいお茶まで入れてくれました。

メンバーのありがたみを感じた瞬間です。

グループ登山の注意点

あまり会話に夢中になっていると、遭難防止の意識が薄れることに。

私は下山中、会話に集中し過ぎたため転倒し、さらに3メートルほどプチ滑落までしてしまうはめに。(幸い軽傷だった)

メンバーとの会話は登山中の醍醐味。

でも常に危険に対しての注意は怠らないようにしましょう。

下山

無事全員下山。

メンバーのマイカーで町に戻り、飲食店で食事。

フレッシュな記憶で思い出話が盛り上がります。

さらに下山後数日以内に、メンバー全員がline上で撮影した画像をシェア。

こんな風景もあったな~、とさらに思い出が増えました。

下山後も数日間は楽しめるのが、グループ登山のいいところではないでしょうか。

さいごに

登山初心者から考えたい、1人登山かグループ登山の長所・短所の比較でした。

まずはグループで登山経験を積み、体力、スキル、経験値がかなりのものになってから単独登山に移行するのが理想ですね。

単独、グループ関係なく山の脅威は襲ってくるものです。

登山中はどんな時でも気を抜かないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする