熊よけスプレーのおすすめ度は?登山における自己防衛の最終手段

あなたは熊よけスプレーを携帯する派?それとも持たない派?

私は登山するとき、必ず熊よけスプレーを携帯します。

もちろん、あなたにも強くおすすめします。

なぜ?

なぜなら熊が怖いからです。

じつは登山歴が長いにもかかわらず、幸運にも私は一度も熊と遭遇したことがありません。

でもスプレーを携帯します。

なぜなのか?

では、いってみましょう。

自己防衛の最終手段が熊よけスプレー

本当の最後の最後は、やはり物理的に撃退できる手段が必要です。

インターネットや登山雑誌、専門書なども一般的な熊対策を紹介はしています。

でも相手は野生動物。

一般論がまったく通じないことも考えておく必要があると、私は考えます。

「熊が人を襲うとき」

米田一彦・著作

上記の本を読んでから、私は考え方を変えました。

読後、熊よけ鈴やラジオよりもスプレーがいいと判断しました。

では、まずは実際のスプレー噴射練習を見てみましょう。

熊よけスプレー噴射動画

ここで紹介する動画は、熊撃退の信頼度が高い「カウンターアソールト」となります。

まずはノーマルパワーのスプレー噴射

これでも充分に熊に対抗できるでしょう。

すこし噴射時間が短い感じがしますね。私はこのノーマルタイプを所持しています。

続いてストロングタイプのスプレー


飛距離と噴射時間が少し長くなったストロングタイプ。

いずれ購入予定。そのぶん値段もアップ・・・。

スプレー携帯はするが、噴射は避けたい

これ、私の本音です。

熊よけスプレーは唐辛子エキスを噴射して粘膜を強烈に刺激する、非殺傷スプレーです。

でも熊に痛い思いをさせるのも事実。

熊とはいえ、やはり何事もなく生活してほしいものですよね。

だからこそ、熊と出会わないようにすることが重要となってきます。

熊に出会わないように対策しよう

登山中、ここに人がいるぞ!、とアピールすることが大切。

そうすれば熊の方が逃げていってくれます。

熊も人と遭いたくないから。

つまり単独で登山するよりもグループで登った方が、熊対策や遭難対策などすべての面において安全だということ。

「熊が人を襲うとき」から得た使える情報

・鈴

熊用の鈴は、「チンチン」と鳴るのは効果が薄いそう。

楽器のトライアングルのように「チーーーン」と長く響く鈴のほうが熊の耳にも届きやすとのことです。

・ラジオ

ラジオは効果が期待されていますが、ラジオトークについつい集中してしまい、熊の接近に気づかないなどの落とし穴もあります。

また他の登山者にとって騒音という迷惑行為につながってしまうこともあるので、あまりラジオ使用はおすすめできません。

熊にも個性あり

いろいろと対策を連ねましたが、ここで考えてほしいことがあります。

それは熊にも個性があるということ。

1匹の熊がどのような経験を積んできたのかで、人に対する行動も変わってくるのではないかということ。

・人に興味を持つ固体
・人間の食べ物の味を知った個体
・人間はエサになると理解した個体

これら以外にも多くの個体がいるでしょう。

グループ登山、鈴、ラジオを使用していても近づいてくる熊が現れた場合、あなたはどうしますか?

やはり自己防衛の最終手段はスプレー

動物愛護の観点から、熊よけスプレーはヒグマ(北海道に生息する)のみに使用し、ツキノワグマ(本州、四国に生息)には使用しないようにという話があります。

なぜならツキノワグマはヒグマより体格が小さく、熊よけスプレーが強力すぎるというのが理由だそう。

確かに一理ありますね。

ただ、実際に襲われたときにそんなことを考えられるのか?、と私は思います。

熊に襲われるのって、とてつもなく怖いことですよね。

殺されるかもしれない!

と、パニックになるのが普通ではないでしょうか。

とくに親離れの始まった子熊は、母熊と「狩りの訓練」を始めるといいます。

(人間を含む)遭遇したものに対し、子熊たちから襲いかかるそう。

これはさすがに笑い事では済まないですよね・・・。

あなたが熊に襲われて遭難した場合、多くの方に捜索・救助という迷惑をかけてしまいます。

あなたの家族にも心配と迷惑をかけてしまいます。

人間本位の価値観かもしれませんが、自己防衛の最終手段として非殺傷のスプレー携行をおすすめします。

つまり山はそれだけ危険な場所だということなんです。

動物の生活圏にお邪魔させていただいている、という認識を常に持てているかが問われるところですね。

軽くまとめると

・最後の対抗手段は常に携帯しよう

・でも無意味に動物を傷つけてはいけない
(生活圏にお邪魔しているという謙虚な気持ちを持とう)

・さらに熊に出会わない努力をしよう

・それでも襲われたら・・・ためらわずに噴射あるのみ!

さいごに

熊よけスプレーについての内容でした。

動物園で見る熊はかわいいものですよね。

でもあなたと熊との間にある檻がなくなったとしたら。

その恐怖心は大切にしてください。

「恐怖心」こそ、あなたを守る第一歩ですので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする