空手とテコンドーの違いとは?オリンピック観戦に役立つ比較検証!

2020年、東京オリンピックで空手とテコンドーが競技種目として行われます。

で、空手とテコンドーって何が、どう違うんだ??ってなりますよね。

今回はオリンピック観戦に役立つように、空手とテコンドーについて比較検証してみました!

検証項目は、起源、流派と組織、技と競技、そして選手の体格についてです。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

空手、テコンドーの起源

空手

諸説ありますが、中国南派拳法(福建省あたり)が沖縄(当時は琉球)に伝わったという説。

さらに沖縄にも独自の武術「手(ティー)」があり、中国拳法と合わさって空手の土台となったといわれます。

明治以降、沖縄から本土に武術が伝わり、やがて「空手」として認知されるようになる。

瞬く間に松濤館流、剛柔流、糸東流、和道流という流派が生まれていきました。

この流派を伝統派4大流派といい、2020年オリンピック採用の空手となっています。

テコンドー

チェ・ホンヒという人が日本留学中に松濤館流空手を学ぶ。

彼は空手に創意工夫を加え、蹴り技主体の新しい格闘術・「テコンドー」を創設。

テコンドーって、じつは創設されてまだ半世紀くらいしかたっていない、とても若い格闘技でもあるわけですね。

若いだけあって国際環境適応力も高く、2000年にはオリンピック正式種目として採用されてる。

競技人口も、全世界で見れば空手人口を凌いでいます。

空手流派とテコンドー組織

空手流派

空手の流派は乱立されていますね。

オリンピックに採用されたポイント制競技の伝統派空手。また別に直接打撃(フルコンタクト)空手もあり、さらに源流・沖縄空手もあります。

そのうえ伝統派、フルコンタクト、沖縄空手それぞれに多くの流派が枝分かれしており、なんとどれくらいの流派があるのか分かっていないというからビックリですね。

空手の各流派が、そのまま組織団体として運営されているのがザックリとした現状。

反対にテコンドーには流派はありません。

流派がない分、統一性もあるといえるでしょう。

そんなテコンドーですが、大きく2つの組織に分かれます。

テコンドー組織 「WTF」と「ITF」

WTFとは、「世界テコンドー連盟」(本部は韓国)
ITFとは、「国際テコンドー連盟」(本部はカナダ)

WTFはオリンピック競技に採用されている組織であり、ITFは採用されていません。

2つの組織に大きな違いはありませんが、WTFがスポーツとして発展しているのに対し、ITFはより実戦性を重んじているともいわれる。

現在はWTFとITFの交流もあり、より統一に向けて動いているともいわれる。

では、いよいよ技の比較に入りましょう。

スポンサーリンク

技と競技

ポイント制とフルコンタクト制

まずポイント制とフルコンタクト制について知っておきましょう。

ポイント制

相手の体に技が軽くタッチする程度でポイントとなる。スピード重視で、対戦者の体にダメージを与えることを目的としない。

とにかく技を、相手よりも先に体にパチンと当てることを狙っていく。

ポイントが入ったかどうかを気にする傾向があり、攻撃も単発で終わる。

フルコンタクト制

相手をKOすることを狙う。

技が相手の体に入っても、効かなければ意味がない。倒すことが目的なので、スピードよりもパワーと体重が重要となる。

相手が倒れるまで攻撃の手を休めないなど、スタミナを使った戦術も有効。

ではポイント制とフルコンタクト制を踏まえて比較検証してみましょう。

空手

オリンピック採用の空手競技はポイント制。

KOを狙うのではなく、先に相手の体に技を当てていくことが勝利につながる。

有効打は突き(パンチ)と蹴り(キック)。空手は突き8割、蹴り2割ともいわれ、突き合いが見どころともいえるでしょう。

突き蹴りを頭部と胴体部に当てればポイントになる。足を狙った攻撃は反則。

オリンピック競技ではないフルコンタクト制空手では、相手を倒すことが勝利となる。

突きで頭部を攻撃するのは反則。蹴りは頭部、胴体、足のどこを狙ってもいい。とにかくパワーで押しまくる傾向が高くなるのがフルコンタクト制。

また空手には「型」競技もあります。型は1人で行う演武であり、どれだけ迫真の戦いを単独で体現できるかを競う。

テコンドー

テコンドーはポイント制競技。

突きによる頭部攻撃は反則。蹴りで攻撃できるのは頭部と胴体部のみ。足を狙った攻撃は反則。

突きのポイントは低く、蹴りはポイントも高くなる。そのためテコンドー競技では99パーセント蹴り合いとなる。

そこでついた別名が「蹴りのボクシング」。

WTFテコンドーでは防具を付けて試合をする

ハイキック、跳び回転蹴り、跳び蹴りなどのポイントが高いため、ポイント制空手と違いダイナミックな攻撃技が多い。反面、大技単発で試合が止まることもあり、技のコンビネーションは少ない。

ポイントの高い蹴り技、とくに背中側から回る回転系の蹴りを素早く出せるように、ほとんどの選手が相手に体の側面を向けて対峙する。(つまり相手に対し真横を向く)

競技選手の体格

伝統派空手

伝統派はオリンピック競技種目のポイント制。

スピードが重要で、パワーはそこそこで良いというスタンス。そのため体格もすらりとしており、外見からは空手をやっているとはわからない。

でも引き締まった体なので、スタイルも抜群といえる。

フルコンタクト空手

相手を倒すために、己の体を鍛えぬくのがフルコンタクト空手。

ウエイトトレーニングでガチマッチョを目指し、体重を増やすことが重要。

筋肉質でパワーのある体格がフルコン系の特徴。

テコンドー

伝統派空手を同じくスピード重視のポイント制の世界。

選手のほとんどがすらりとした体格。

突き技もほとんどないためか、上半身もそれほど鍛えているというイメージはない。

その分、スタイル抜群といえるでしょう。

さいごに

以上、空手とテコンドーの違いを比較検証してみました。

空手の中でもポイント制とフルコンタクト制ではまったく違った競技となることもわかりましたね。

オリンピック競技では空手もテコンドーも似たように競技です。

突き技の多い「空手」、足技のボクシング「テコンドー」という感覚で観戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする