2018年東京の桜名所ならハイキング&サクラ(高尾山)

桜っていいですよね。

1年にたった一度だけパッと咲いて、1週間ほどで散っていく。

1年に1回だけの綺麗な花、桜。

東京の公園もいいですが、2018年は気分を変えて山でお花見なんてどうでしょうか。

山の桜名所といえば高尾山。

都心からのアクセスも良く、頂上まで観光地化されています。

今回は高尾山で見る桜情報です。

高尾山では、都心で満開になった1~2週間後あたりが見頃となります。

スポンサーリンク

高尾山

電車は混みあいますので、できるだけ始発または始発間もない時間の電車がおすすめ。

京王高尾線の終点でもある高尾山口駅に着いたら登山口を目指しましょう。

多くの登山客が登山装備を背負っての移動をしています。

それだけ混雑度も増すので、早め早めの行動で時間にゆとりを持ちましょう。

高尾山口駅内にトイレがありますが、男女ともに行列です。

登山道1号路には4か所トイレがあるので、体調によって計画しましょう。

車で高尾山口までもOK。

駐車場もありますが、桜シーズンはとにかく混みます!

朝早くに行けるかどうかが勝負どころですね。

高尾山には7本の登山道がありますが、1号路稲荷山コースが桜を楽しめます。

おすすめは1号路。道幅も広く、各箇所で桜を満喫可能。

高尾山登山道マップ

1号路

やはり大人気のコース。

混みあいますが、道幅もある程度は余裕がありますので、焦らずに楽しみましょう。

お土産屋や茶屋、他寺院など観光名所がいたるところにあるコース。

まさに高尾山の表参道です。

途中で団子や御蕎麦など食べながら休憩も可能ですよ。

さて、登山口から1号路を歩く場合は、最初から急登なのでしっかりストレッチなどをしてから挑みましょう。

もし急登を避けたいのであれば、方法はあります。

清滝駅からケーブルカーを利用すれば急登を避けられます。

ただし桜シーズンはかなりの登山客で込み合うので、早朝からの計画を立てておきましょう。(平均1時間待ちになる)

始発は午前8時から。片道大人480円、子供240円。

2人乗りリフトも選択可能です。料金はケーブルカーと同額。

ケーブルカー終点の高尾山駅周辺から薬王院、高尾山山頂と桜名所が続きます。

特に頂上は桜と(天候が良ければ)富士山を楽しむことが可能。

稲荷山コース

ケーブルカー清滝駅左サイドからのコースです。

高尾山の中でも本格的な登山を楽しめるコース。

途中トイレのないコースなので、スタート地点となる清滝駅で済ませておきましょう。

本格的な登山道ですが、もっとも景色を楽しめます。

視界がいいと眺めは最高ですよ。

頂上付近になると急な階段が待っています。

心して挑みましょう。

高尾山の注意点2つ

①、高尾山はとても登りやすい山。

ですが稲荷山コースや、もみじ台から小仏城山になると本格的なハイキングコースとなるので、しっかりと登山準備はしておきましょう。

事前に天気予報を確認し、地図は必ず携行してください。

②、ハイキングコースには所々にトイレが常設されています。

1号路、高尾山山頂、もみじ台、一丁平になります。

それでもシーズン中は長蛇の列です。少しでもすいているトイレを見つけたら、早め早めで行っておきましょう。

あなたのお子さんや奥さんの立場まで考えてあげましょうね。

地図で確認しておけば、計画を立てやすいですよ。

スポンサーリンク

もみじ台~一丁平

高尾山山頂を過ぎ、さらに奥の陣馬山方面に進んでいきます。

ここからは完全なハイキングコース。風景を楽しみながらも少し気を引き締めましょう。

もみじ台も綺麗ですが、おすすめは一丁平。

小仏城山までの約2キロにわたって千本近い桜を満喫。

さらに一丁平園地では大きく開けた場所があるので、広がりのある景色も併せて楽しめます。

小仏城山山頂

山頂には城山茶屋があり、ベンチやテーブルも常設されています。

標高670m。富士山、相模湖を眺めましょう。

茶屋近辺一帯はとても開けた場所でもあるので、ベンチを使うも、レジャーシートを広げるも自由。

桜、富士山、気持ちのいい春の気候を満喫していれば当然空腹に。

持参したものでもいいですが、茶屋でなめこ汁やおしるこ、おでんなども購入可です。

下山

山の夕暮れは早いです。遅くとも15時には下山に入るのが安全策。

・東海自然歩道を下り、弁天橋から相模湖駅のコース。

・(体力に余裕があれば)来た道を引き返し、高尾山口駅へのコース。

どちらでも行けます。早め早めの計画でいきましょう。

高尾山口駅を選んだ場合は、京王線の高尾山口駅近くにある極楽湯でハイキングの汗を流すのもOKですよね!

 極湯楽HP

まとめ

高尾山での桜の楽しみ方は伝わりましたでしょうか?

ただ単に桜を楽しむだけでなく、ハイキングで体を動かし、富士山などの景色をも楽しめるコースです。

山に登ると、やっぱりとてもいい気持ちになれますよ。

さらに桜まで満喫となると!!

一度は行かなきゃ損ですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする