一本締め、三本締めの使い分けって何?意味が分ると面白い

「皆さん、お手を拝借~」

宴会などの終わりに見られる光景ですね。

全員で手を打って、はい解散~、って感じではないでしょうか。

いわゆる「手締め(てじめ)」ですね。

ところで、「ここは一本締めで」という意見があれば「いやいや三本締めでしょ!」と、ああでもない、こうでもないと意見合戦が発生しませんか?

どうやって使い分ければいいのでしょう。

ここでは一本締めと三本締めの使い分けを理解し、楽しんで宴会の締めを行いましょう。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

三本締め、一本締め、一丁締めの違いとは

三本締め

「お手を拝借」から「いよーっ」と入り、

「パパパン、パパパン、パパパン、パン」と「3,3,3,1」の手拍子を打ちます。

「3,3,3,1」を3回繰り返すやり方が三本締めです。

最後に「ありがとうございました。」と唱和し、全員で拍手して終わりです。

一本締め

はじまりは三本締めと同じ。

手拍子は「3,3,3,1」の1回のみです。

その後「ありがとうございました。」 →全員で拍手。

一丁締め

「お手を拝借」→「いよーっ」→「パン」の1回きりです。

「ありがとうございました。」や拍手もしません。

3つの違いがお分かりいただけましたか?

続いては3つそれぞれをどのように使い分けるのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

三本締め、一本締め、一丁締めはどう使い分ける?

手締めでは三本締めが正式なものとされています。

そのため公式行事のような少し固めの席で「おめでたいことを祝う」時に使います。

ホテルなどの会場を借り切っての行事なので、全員で大きく手を叩き「3,3,3,1」を3回繰り返します。

一本締めは三本締めを簡略化したものです。

本来「3,3,3,1」を3回繰り返すところを1回のみに短縮しているわけですね。

居酒屋などの宴会ルームを借りたときなど、周囲に配慮して大きな音を長く出せないような場合に使うとよいでしょう。

隣り合わせた別のグループの横での三本締めはさすがに長いですからね。

このように他人への配慮から一本締めが生まれたのでしょう。

一丁締めは一本締めをさらに簡略化したものです。

大広間の一角での飲み会の締めに適しています。

周りへの配慮が特に必要な場合、小さな声で1回のみ手を叩くのみ。

一度だけ手を叩くので周りの人の迷惑にもなりません。

ちなみにですが、一丁締めではお礼と拍手は行いません。

せっかく一拍で締めたのに、また拍手をすると締めたものが開いてしまうということらしいですよ。

終わり良ければ総て良し、という日本人が好むそれぞれの締め方がお分かりいただけたでしょうか。

宴会で大いに盛り上がっても、他の人に配慮することも忘れない。

社会のモラルが崩れているといわれますが、昔からの他人を思いやる文化が手締めには残っているのですね。

「3,3,3,1」の意味

3×3=9ですね。

これは「九」=「苦」という意味で、最後に一点を加えることにより「丸」(まる)となり、すべて丸くおさまるという祝いを表します。

さらに、「お手を拝借、いよーっ」の「いよーっ」「祝おう!」という意味もあるそうですよ。

宴会では、オープンな雰囲気で日頃なかなか言えないようなことも言えたりするものです。

また会話が盛り上がって仲良くなり、会社での仕事がより円滑に進むようになることもありますね。

人と人をつなぐ円滑剤としての役割も宴会にはあるということ。

そしてお酒が入っても、最後は全員で丸くおさめるという一種の「式」が手締めなのでしょう。

よく考えられたものだと感心しますね。

まさに「終わり良ければ総て良し」ということなんですね。

さいごに

三本締め、一本締め、一丁締めの違いがお分かりになりましたか?

いままで何気なく行っていた手締めにも多くの意味があったわけです。

それぞれの使い方を知っておけば、ちょっとしたアドバイスも可能になりますよね。

うまく使い分けていきましょう。

ただ・・・、酔った方々に説明しても「大丈夫、問題ないさ~」でかたずけられてしまいそうですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする