バーベキュー火おこしのコツ|火の基礎を知れば見えてくるコツ

バーベキューといえばやっぱり炭火ですよね。

ガスコンロとは違う独特の風味を出してくれるのが炭火焼きの醍醐味。

ところが意外に難しい火おこし。

あなたも炭の火おこしに苦労した経験はありますか?

私も以前は炭の火おこしが苦手でした。

ですが「火」の基礎を知ることにより、その問題はアッサリと解決しました。

ここでは燃焼のメカニズムを知ってバーベキュー火起こしに役立ててください。

また山で遭難したり、災害等で火起こしが必要になった場合に思い出していただければと思います。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

火おこしを総合的にみる:火について考える

地球上で火を扱えるのは人間のみです。

火を使えることにより水の沸騰浄化、衣類を乾かし、暖をとるなどが可能になります。

文明発達の一因となったことは間違いないでしょう。

自然災害も数多く発生する近年。

いつでも火おこしができる知識を持っていても損はありません。

いつ被災者になるかは誰にもわかりません。

そして誰でも被災者になってしまいます。

パパッと取り扱えるようにして、ご家族からの信頼を強化してしまいましょう!

※火事には注意してくださいね。

火の基礎を知る:「燃える」3要素

火が燃えるには熱、燃料、酸素が必要です。

どれかひとつでも欠けると火はつきません。

上記3要素を押さえて、燃焼に必要なものを準備。

それが下記3つ。

火口、点火材、主燃料

火口は乾燥していて、軽いもの。

牛乳パックをほぐしたものがベスト。

またゼリー状着火剤でもOK。

点火材は乾燥していること、すぐに火が付きやすい細さと薄さであることが重要。

細い木の枝などがいい例ですね。

炭に火をつけるのなら、細かい炭を点火材とすればうまくいきます。

主燃料は太めの木材になります。

主燃料に火がつくと、もうそう簡単には消火しません。

安心して調理に入れます。

火は連鎖反応で大きく強くなります。

つまり、

小(火口)

中(点火材)

大(主燃料)

という流れで炎が大きくなるわけですね。

小 → 大 という流れではいつまでたっても火はつかないので注意。

また点火材を隙間なく詰めるのもNG。

隙間をしっかり確保して酸素を送り込みましょう。

ではこの原理を炭火起こしに応用してみましょう。

スポンサーリンク

火おこしのコツ:実践!炭火起こし

燃焼の3要素は熱、燃料、酸素でしたね。

まず火口、点火材、主燃料を手元に準備。

初めに火口(牛乳パック)に熱を与えて火を発生させます。

熱源はマッチ、ライターやチャッカマン。

牛乳パックはほぐしておくとすぐに火が付きます。

火口はすぐに火が付きますが、すぐに燃え尽きるので注意。

先に点火材が燃えやすいように組み立てておき、その中へ火口を投入する方法が簡単。

また火口の牛乳パックにゼリー状着火剤を合わせると火が長持ちします。

点火材は細く小さな木の枝などがベスト。

少し太めの炭を石などで砕いて使用する方法もあります。

砕いた炭と細い枝などを組み合わせて下のイメージ画像のようなピラミッドを組み立てると火の連鎖が起きやすくなります。

(画像はイメージ。もっと縮小したピラミッドを組み立てましょう)

コツは細く、薄く、隙間を作って換気も良くすること。

さらに火のもっとも熱い部分に点火材が当たるようにするとなおOK。(赤丸の部分)

火は先端部分が最も高温となるので。

主燃料(太い炭)は、いっきにたくさん投入しないように。

一度火が付くと大きな炎になってしまいます。

主燃料は長持ちするので、火力調整しながら調理に入りましょう!

火起こしの注意点

・火口に新聞紙は使用しない

新聞紙はあっさりと燃えてしまいます。

灰が風に乗ってすぐに飛んでしまい、周辺に住む人の迷惑になります。

新聞紙はあっさりと燃え尽きるので、牛乳パックのほうが火口には適していますよ。

・点火材に火を移しているとき、口で空気を吹きかけない

口は使い勝手がいいですよね。

吸って吹きかけるだけ。

だだし火に近づきすぎると一酸化炭素中毒に陥る危険もあります。

うちわを使用しましょう。

うちわのコツは火の下部から空気を送るような感じです。

・火の上から着火剤を継ぎ足ししない

火の連鎖を理解すれば着火剤を大量に使うことはないでしょう。

でも火の付きが悪いとついつい着火剤を使いたくなる気持ちもわかります。

着火剤は火が消えてしまってからもう一度セットするようにしましょう。

おわりに

火の基礎をしっかりと掴めたでしょうか?

火は、小→中→大、という流れで少しずつ熱移動します。

この順序を守り、燃える3要素をしっかり意識すれば簡単に着火できます。

おなかをすかせたメンバーを長く待たせないよう、パパッと炭火起こしを成功させましょう

そうすればメンバーやあなたのご家族からお褒めの言葉を頂けるでしょう。

火の管理にだけは注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする