エイプリルフールに嘘をつけるのは午前中のみという都市伝説

4月1日はエイプリルフールとして「嘘をついてもいい日」となっています。

そして不思議なことにエイプリルフールは世界共通であるということ!

さらに日本のエイプリルフールには暗黙のルールが。

嘘をつけるのは午前中のみ

なんとも謎多きエイプリルフール。

はたして都市伝説なのか?、それとも何かしらの決まりごとがあるのか?

ちょいと調べてみました。

では、いってみましょう。

スポンサーリンク

エイプリルフール:嘘は午前中のみの真実とは

どうやら、現在日本で嘘をつけるのは「午前中のみ」のようですね。

かといって、法律で決められているわけでもありません。

守らなくても罰せられることはないでしょう。

それでも「暗黙のルール」を無視し続けると、あなた自身が相手にしてもらえなくなる恐れが・・・。

そのあたりは、やはり一般的なマナーってことになるわけですね。

午前中に嘘をつき、午後は「ネタばらし」の時間になるのが一般的マナー。

また暗黙のルールとして「人を傷つけるような嘘はダメ」というのもあります。

これは当然といえば当然ですよね。

エイプリルフールとはいえ、軽く笑える嘘が相手を思いやることになりますからね。

エイプリルフールの恋愛嘘もちょいと危険

また「恋人ができた」という嘘をついてしまうと、その年の一年間はまったく恋人ができないという都市伝説も存在します。

さらに・・・、

エイプリルフールを利用して告白してしまう人もいるようですよ。

フラれたとしても、エイプリルフールだからということで冗談にしてしまえるから。

でも、これはちょっと寂しいですよね。

本命がいるのならエイプリルフールなんて利用しないで真正面から勝負すべし!

恋で(あなた自身が)傷つくことを恐れていては前進なんてできないから。

たとえフラれたとしても、真正面から勝負すれば青春の思い出になりますよ。

と、同時に告白への度胸がつきますので、次回の恋ではもっとうまく告白できるでしょう。

失敗を恐れないこと。

エイプリルフールなんかに頼らないこと。

恋は真正面勝負で。

さて、ではなんでエイプリルフールって生まれたのでしょうか?

続いては由来をみていきましょう。

スポンサーリンク

エイプリルフール|世界共通の謎

さまざまな説が存在します。ここではふたつ紹介しましょう。

ヨーロッパ説

中世ヨーロッパでは3月25日が新年だったらしく、4月1日までお祭りをしていたそうです。

ところがある日フランスの国王が1月1日を新年に変更。

この変更に不満を持った人々が4月1日を偽りの新年として祝うようになったという説。

インド説

インドの僧侶は厳しい修行を行います。

修業は3月25日~31日まで行われ、悟りの境地に到達。

ところが、4月1日になるとあっさり下界の暮らしに戻ってしまいます。

たった1日で下界の暮らしに戻ってしまうなんて、修行の意味ねーよ!!と、一般人が修行僧を皮肉ったとして「揶揄説(やゆせつ)」が生まれました。

揶揄説がエイプリルフールになったといわれる説。

他にも様々な説は存在しますが、エイプリルフールの明確な発祥は不明なんです。

では次に「嘘は午前中説」を見ていきましょう。

嘘は午前中のみ説の謎

インターネットの普及により、TwitterやSNSで情報がもの凄いスピードで拡散しますよね。

誰かが「エイプリルフールは午前中のみ嘘をつける」と呟いた内容が瞬く間に拡散したのかも。

以前、日本では午前中説は存在しなかったし・・・。

ただし史実と結びついた話が一人歩きした可能性もあります。

それは「オークアップルデー」というものです。

イギリスのオークアップルデー

1660年5月29日、チャールズ2世が王政復古したことを祝う日をオークアップルデーといいます。

オークアップルデーにオーク(樫)の実や葉を身に着けます。オークを身に着けることにより、王への忠誠を誓うわけですね。

オークを身に着けない人は忠誠心がない!ってことに。

そしてオークアップルデーでオークを身に着けるのは午前中のみなんです。

このような習慣がエイプリルフールと結びつき、ネットによって日本で広まったのかもしれませんね。

由来が不明とは、このように人々の口コミで広がったことをいうのでしょう。

そんなエイプリルフールが世界共通認識というところがまた、世界文明の面白さのひとつですね。

おわりに

エイプリルフールの謎は謎のままでした。

ただ様々な説があり、それらが現代の記念日などと結びついているという歴史の面白さに気づけた部分もあります。

それでも恋愛に関しては、エイプリルフールに頼らない方がいいかもですね。

軽い嘘で大笑いできるような、楽しいエイプリルフールを送ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする