登山初心者の方が考えるべき初登山はグループで?それとも単独?

登山初心者の方が初登山に挑むときって悩みますよね。

グループのほうがいいのか?

それとも単独でいいのか?

単独登山は多くの登山者にとって大きな魅力となっています。

自分ひとりの力で登山計画し、準備し、無事故で登山をやり遂げる。

夢がありますね。

でも単独(ソロ)登山は究極系ともいえます。

では初登山となるとどうでしょうか。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク

初登山はグループで。経験を積んでから単独という流れがいい

単独登山に憧れている方が多いそうです。

男女問わず。

一人で計画し、実際に行動に移し、一歩一歩コツコツと登り、頂上からみる景色と大自然は最高のご褒美になります。

そして言葉では言い表せないほどの達成感。

単独登山にのめり込んでいく人は毎年たくさんいます。

ところが・・・!

一歩間違えると「遭難者」「行方不明者」になる危険もあります。

山は危険な場所である、ことをどれだけ認識できるかが重要。

そして危険に対処できる知識や装備の選び方を熟知することも大切。

だからこそ初心者の方が初めて登山する場合は、まずグループで登ることをおすすめします。

初心者から考えるべき山のルール|自己責任

日帰り登山や泊まり登山でも、登る山の地図は絶対必須の装備品となります。

またコンパス、レインウェア上下、登山ブーツなど身に着ける装備から水、食料、防寒着などたくさんの物をザック(登山用リュックサック)に入れすべて背負うことになります。

町中と違い、入山から下山まですべての工程を自分自身の足で歩く。

重いザックを背負って。

重いですが、すべてあなたの安全のため。

山ではすべてが自己責任となります。

また歩くペース配分はとても重要。

初心者の方は入山からかなりのスピードで登っていく傾向があり、中腹あたりでバテてしまうことがあります。

グループでは経験者が先頭を歩き、一定のペース配分を心がけてくれるでしょう。

それでもペースが速いと感じたときは、声に出して伝えましょう。

バテないことが重要。

あなたの体力は、あなたしかわかりません。

ここも自己責任ですね。

以上、紹介した例はほんの一部分。

すべてを一人でやるには限界があり、時間も長くかかってしまいます。

また間違ったやり方を修正することもできません。

やはり経験者である先輩方から「学ぶ」ことが上達の秘訣になります。

人との交流が苦手と感じる初心者の方でも、まずはサークルや登山経験のある友人などに頼むなりして、教えてもらいながら実際に登山経験を積むようにしましょう。

すすんで知識やスキルを身につける。

これもまた自己責任の範囲ですね。

そして経験値を積み、たくさんの登山スキルを身につけてから単独に移行するのがもっとも安全といえるでしょう。

スポンサーリンク

グループ登山3つのメリット

グループ登山のメリットといえば、

1、荷物配分が可能
2、遭難しても助かる可能性がとても高い
3、達成感を共有できる

上記3つになります。

荷物配分が可能

日帰り登山であれば携行する荷物は少なくても大丈夫。

泊まり登山となるとテントや寝袋、登山期間の食料などをすべてザックに入れて背負っていくことになります。

一人ですべてを背負うのはもの凄い体力が必要です。

ですが、グループ登山であれば仲間内で荷物を分配できるし、体力や経験のある人が重い荷物を引き受けてくれるでしょう。

やっぱり景色を楽しみながら登山したいですからね。

遭難しても助かる可能性がとても高い

とても重要なこと。

単独登山でもし滑落(急斜面から落ちること)してしまい、誰にも気づいてもらえなかった場合。

想像するだけもゾッとしますよね。

実際に単独登山で行方不明になりいまだに発見されていない登山者は数えきれないほど存在します。

グループ登山であれば、一人がいなくなった場合すぐに残りのメンバーで捜索が可能です。

また怪我をして動けなくなった場合も、誰か一人がすぐに救助要請に走ってくれるでしょう。

命あっての登山。

まずはグループ登山からスタートを強くすすめます。

達成感を共有できる

もちろん一人で達成感を得るのもすばらしいものです。

私も結構単独登山をするほうなので、単独の良さもわかります。

それでも、やっぱり仲間と達成感を共有できるのはホントに気持ちがいいですよ。

お互いに写真も撮り、下山後に共有すればまたたくさんの思い出が残ります。

次はどこに登ろうかと、先々の計画を立てながら皆でワイワイするのも最高です。

ワクワク感。

ワクワク感があるだけでも毎日の生活に張りができますからね。

3つのメリットを紹介しましたが、当然まだまだたくさんのメリットがあります。

あなた自身にとってのメリットをぜひグループ登山で見つけてくださいね。

まとめ

今回は「初心者の方が初めて登山する場合の考え方でした。

まずグループ登山で経験値を積んだ後、単独登山に挑むという流れがおすすめ。

山は逃げません。

いつでもウェルカムで待ってくれていますし、登山者を拒むこともしません。

そんな山々となが~くお付き合いできるように、まず山を知り、あなた自身のレベルも客観的に見るようにしましょう。

遭難事故を避け、思い出に残る登山を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする