芝桜は富士山近くで|見頃は富士芝桜まつり(2018年)

4月も中頃になると桜も終わり、ちょっと物足りない感じがしますよね。

もうちょっと桜見たかったな~と思ったあなたにお知らせです。

芝桜ってご存知ですか?

地面をピンク、赤、白などで色づける綺麗な芝桜。桜とは違いますが、とても綺麗な花を楽しめます。

そして芝桜と富士山をセットで楽しめることが可能な一大イベントが山梨県で毎年開催されています。

富士芝桜まつり。

今回は芝桜と富士芝桜まつりを紹介します。

スポンサーリンク

芝桜とは

芝桜は別名「ハナツメクサ(花詰草、花爪草)」とも呼ばれます。

元々は国産ではなく北米原産。

乾燥に強く、地面を這うように広がりながら成長するのが特徴の多年草です。栽培する場合は水のあげすぎはNGだそうです。

そして開花時期が4~5月となります。

宮崎県で話題となった芝桜

老夫婦のご主人が、失明した妻のために自宅の庭で芝桜を育てた映像がニュースで流れ、とても話題になりましたね。

奥さんへの愛が生んだ奇跡のストーリー。人気の観光スポットとなっていました。

残念ながら2017年をもって芝桜を終了したそうです。

理由は高齢のため、これ以上の運営、管理が難しくなったから。

ニュースをみてとても心温まったのを覚えています。

富士芝桜まつり


ここからは富士芝桜まつりについての情報をお届けします。

最大の見どころは、芝桜と富士山のコラボレーション!最高の撮影風景を楽しむことができるでしょう。

開催地は山梨県の富士本栖湖リゾート。

富士本栖湖リゾートには竜神池があります。池の水面に映る富士をダブル富士として楽しむことも可能。

開催期間

毎年行われる富士芝桜まつり。

例年の開催時期は4月中旬の土曜日から5月最後の日曜日です。当然芝桜の開花時期にあわせての開催となりますね。

ちなみにペットを連れての入園は不可となっています。

園内は広く、ペットを連れての散歩には向いていそうな場所ではありますが、禁止されているのでお留守番してもらうようにしましょう。

また芝桜はちょっとした高台から見下ろすのが最高の眺めです。

園内には展望台も設置されるようです。

高台から芝桜と富士山という最高の景色を楽しむことが可能。ぜひたくさん写真を撮影しましょう。

アクセス

マイカー

中央自動車道 →河口湖IC
東名高速   →富士IC
新東名高速  →新富士IC

それぞれのICを下りたら国道139号線を通って会場へ向かってください。

電車

富士急河口湖線の河口湖駅が最寄り駅となります。

また東海道線の新富士駅、身延線の富士宮駅も最寄り駅のようです。

バス

河口湖駅、新富士駅、富士宮駅から「芝桜ライナー」という会場行きのバスが開催期間限定で発着しています。(有料)

河口湖駅からは開催期間中毎日運行。

新富士駅、富士宮駅からは土日祝のみ運行。

会場はとても混雑が予想されます。可能な限り公共交通機関を利用する方が便利でしょう。

さいごに

桜シーズンが終わったら、次は芝桜です。

富士芝桜まつりで思う存分、芝桜と富士山のコラボレーションを堪能してください。

ペットは入園不可なので、連れて行かないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする