さくらんぼ狩りの時期って?山形が生産量日本一(2018)

おいしいさくらんぼ。

そこそこ日持ちもするので、親族や友人に贈り物として郵送も可能ですよね。

そんなさくらんぼをたくさん食べたい!と思っているあなたにお伝えします。

な、なんとさくらんぼの生産量日本一は山形県!

全国生産量の7割を占めます!!

7割ってすごくないですか?!

機会があればぜひ山形へ行ってみてください。お子さんたちも大喜びできますよ。

ではいつ行くか。真冬に行ってもさくらんぼはありません。

さくらんぼの時期を押さえて、いざ出発~。

スポンサーリンク

さくらんぼ狩りの時期

全国をひとまとめにしてサクッと見た場合、さくらんぼの旬は6月上旬~7月下旬となります。

ただ上記は全国を総合的に見た場合です。

じつはさくらんぼにも様々な品種があり、それら品種によって旬が違ってくるんですね。

ここでは有名どころの3品種をみてみましょう。

佐藤錦、紅秀峰、紅さやかになります。

佐藤錦(さとうにしき)

全国平均の旬:6月上旬~7月上旬
山形での旬 :6月上・中旬~7月上旬

全国でさくらんぼといえば佐藤錦といわれるくらい定番中の定番。もっともおいしいサクランボという評価も

果肉は柔らかく、果汁は多め。甘さと酸っぱさが程よく合わさっている。

6グラムとやや小粒。

さくらんぼの品種に迷ったら佐藤錦を選べば失敗はないとも。

紅秀峰(べにしゅうほう)

全国平均の旬:6月下旬~7月上旬
山形での旬 :6月下旬~7月上旬

佐藤錦に次いで全国の人気ナンバー2。

旬の時期が少し遅めなのも特徴。果肉は硬め。甘めで酸味は少ない。

8~9グラムで佐藤錦よりも大粒。

とにかくさくらんぼの品種に迷ったら佐藤錦と紅秀峰を選べば失敗しないといわれている。

紅さやか(べにさやか)

全国平均の旬:5月下旬~6月中旬
山形での旬 :6月上旬~6月下旬

どうしてもさくらんぼが待ちきれない!!というのならこれ。

もっとも早くに旬をむかえるのが紅さやか。早生種。甘酸っぱい味。

6グラムと佐藤錦と同じくらい。

スポンサーリンク

おすすめ果樹園

山形県内の果樹園を紹介します。要予約、予約不要あわせて3つ紹介しますが、行く前に問い合わせをしておいた方が安心できますよ。さくらんぼも生き物ですから。

うばふところ

・要予約
・さくらんぼ狩りシーズン中限定でオープンカフェが営業
・佐藤錦は6月半ばごろから

ホームページはこちら
↓↓↓
うばふところ

王将果樹園

・通常予約なしでもOK。(予約も可能)
・カフェ、売店あり
・5月19日~31日、ハウス栽培佐藤錦狩りができる(ネット限定プラン)

ホームページはこちら(ネット限定プランをチェック!)
↓↓↓
王将果樹園

ふる里サクランボ園大曽根

・要予約
・バリアフリー対応(車いすの方も楽しめる)
・2018年の時期は現在未確定

ホームページはこちら
↓↓↓
ふる里サクランボ園大曽根

さいごに

さくらんぼ生産量日本一の山形。

まさにさくらんぼ王国。

さくらんぼ狩りをやるなら、山形でやるしかないですよね。

種類も豊富、たくさんのさくらんぼ果樹園が揃っている山形。

機会があればぜひ行ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする