初節句|女の子の赤ちゃんが生まれた場合は

新しい命の誕生はおめでたいですね。

家族が一人増えるのはとても幸せなことです。

初節句とは赤ちゃんが生まれた年に行う伝統的なお祝い行事です。

今回は女の子の赤ちゃんが誕生した場合初節句の意味、準備するもの、準備を終えるべき時期などをご紹介します。

新しい命の誕生は本当におめでたいですが、親となったあなたは大忙し間違いなし!

しっかりと初節句について知っておきましょう。

スポンサーリンク

女の子の初節句はいつ

女の子の赤ちゃんが生まれた場合、初めて迎える3月3日が初節句となります。

初めて迎える3月3日を桃の節句といいます。

つまりひな祭りと同じなんですね。

ただ赤ちゃんが2月に生まれた場合は、初節句を翌年に延期しても問題はありません。

お祝い行事よりも赤ちゃんの安全の方を優先しましょう。

初節句自体ガチガチに決められた行事ではないのでご安心を。

節句とは

節句とは季節の節目に邪気を払う行事を意味します。また季節の節目をお祝いするという意味も。

桃の節句は(ひな祭り)は五節句という五つある節句のうちのひとつとなります。

女の子の初節句、なにを準備する

雛人形です。

桃の節句はひな祭りでもあるので、娘さんのためにもきれいに飾ってあげましょう。

では具体的に全体の流れを見ていきましょう。

雛人形は誰が購入する?

伝統的には母方の祖父母が雛人形を購入していたようです。

現代では特にこれといった決まりもなく、両家がお金を出し合って購入するという流れになっているようですね。

また雛人形の購入時期は1月~2月初旬がおすすめ。

やはり伝統工芸ですので大量生産できるはずもなく、購入時期が遅れてしまうと品切れという可能性もあります。

早め早めでいきましょう。

いつ飾る?

立春(2月4日)から飾ってもOK。

また1月の七草(1月7日)からでも大丈夫といわれていますが、あなたの家の広さと相談しましょう。決して小さいものではありませんからね。

※注意

一夜飾りはやめましょう。一夜飾りは縁起が良くないといわれます。

一夜飾りとは3月3日の前日に慌てて雛人形をセットすること。なぜなのでしょう?

雛人形のみならず、正月飾りも一夜飾りはご法度。

この考えは神道からきています。

神様は祝い日(1月1日や3月3日)の前日早朝にあなたの家にお越しになります。

そして祝い日の午前零時と同時にお帰りになるそうです。

つまり前日に飾られていなかった場合、神様迎え入れの準備が整っていないことに!!

そして神様は怒って帰ってしまうそうな・・・。

大切な娘さんが神様に守ってもらえなくなってしまうことに。これは悲しすぎるので、一夜飾りは避けましょうね。

雛人形はいつしまう?

3月4日にはしまっても大丈夫です。

もちろん来年に向けての手入れ等が必要でしょうから、そんなに急がなくても大丈夫。

ただし、3日を過ぎてからずっと放置していると、娘さんが嫁に行けなくなるという説もあるので、早め早めにしまいましょう。

スポンサーリンク

雛人形の意味とは

なぜ雛人形を初節句で飾るのでしょうか?

じつは雛人形は娘さんに振りかかるであろう災いの身代わりとなってくれるものなのです。

だからこそ一夜飾りを避け、あなたの家に神様をお迎えして、雛人形に魂を入れていただく必要があるわけですね。

そのため雛人形は娘さん一人にひとつとなります。

間違っても姉妹で同じ雛人形を使うことはできません。

でも・・・、

やっぱり雛人形は高け~!!

とても高価ですよね。もし3姉妹だったらと考えると・・・、経済的煩悩がつい出てしまうのもわかります。

ご安心ください。

その場合は新しい人形を一体足して一緒に飾るようにするといいそうです。

大切な娘さんです。

一体は必ず購入してあげましょうね。

おわりに

女の子にとって大切な行事である桃の節句。

雛人形を購入し、娘さんを災いから守ってあげましょう。

そして一夜飾りを避けるように。

厳格な決まりはありませんが、日本の伝統行事を楽しく行うためにも、押さえておくべきところは押さえて、初節句のお祝いをしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする