初節句|男の子の赤ちゃんが生まれた場合は

5月といえばゴールデンウィークが真っ先に思い浮かびますよね。

でもあなたに男の子という新しい命の誕生があった場合は状況が違ってきます。

元気な男の子の赤ちゃんが生まれた年は、息子さんの将来の安全を祈る行事があります。

ゴールデンウィーク中には「こどもの日」がありますよね。

じつは「こどもの日」は古来より男の子のお祝いの日だったんです。

初節句とは赤ちゃんが生まれた年に行う伝統的なお祝い行事。

今回は男の子の赤ちゃんが生まれた場合の初節句の意味、準備するもの、飾るものの意味について紹介します。

スポンサーリンク

男の子の初節句はいつ

あなたに男の子の赤ちゃんが生まれた場合、初めて迎える5月5日が初節句となります。

こどもの日と同日ですが、もともとは男の子のお祝いをする日だったんですね。

初めて迎える5月5日を「端午の節句」といいます。

もし赤ちゃんの誕生が4月などでしたら、初節句は翌年に延期しても問題はありません。

あくまでお祝いなので、赤ちゃんの安全を優先しましょう。

節句とは何か

節句は季節の節目に邪気を払う行事であり、また季節の節目を祝う行事でもあります。

男の子の初節句は「端午の節句」、女の子は「桃の節句」(ひな祭り)となります。

端午の節句も桃の節句も五節句の中に含まれる行事となります。

男の子の初節句、準備すべきものは

兜飾り、五月人形、鯉のぼり。

これらすべてを飾ると見事な端午の節句となるでしょう。

ですが、全部揃えるのはちょっと待ってください。決して安いものでもありませんし。

どのように準備をすればいいかを下記より紹介していきます。

誰が購入する?

昔は母方の祖父母が端午の節句飾りを購入して贈るのが伝統だったようです。

時代は変わりましたので、必ずしも伝統に則る必要もないようですね。

現代なら両家で話し合いをする、半分ずつ出し合って購入するなどあるようです。

兜飾り、五月人形は3月には購入するようにした方がいいでしょう。

ひとつひとつ手作りとなるので、4月に入ると注文が殺到して初節句に間に合わなかった!!なんてことも。

飾る時期は

春分の日(3月20日)を過ぎてからならいつでも飾ってもいいようです。

ただし一夜飾りは避けましょう。

一夜飾りの考えは神道からきており、5月5日の前日早朝に神様があなたの家に訪れます。そして飾り物に魂を入れ、5月5日午前零時に去ります。

前日には神様がお越しになるので、一夜飾りでは間に合わないわけですね。

伝統的な神道の考え方も尊重し、従うようにしましょう。

いつからしまってもいい?

5月6日にはしまっても問題はありません。

女の子の雛人形とは違い、とくに早めにしまわなくてはいけないという決まりはないそうです。ですのでゆっくりと手入れの時間も確保できますね。

来年のためにしっかりと手入れをしてからしまいましょう。

スポンサーリンク

飾りものの意味とは

飾り物にはそれぞれ由来があります。

端午の節句の由来と深くかかわりのある「兜飾り」「五月人形」

また独特の形で取り込まれた「鯉のぼり」

興味ある方はこちらから

→ 端午の節句の由来

→ 鯉のぼりの由来

初節句で上記のものを飾る意味は、あなたの大切な息子さんに振りかかるかもしれない災いの身代わりになっていただくということ。

また兜飾りや五月人形は息子さんが元気にたくましく育ってほしいという願いが入ります。

鯉のぼりにはどんな逆境にも負けずに大きく成長してほしいという立身出世の願いがあるのです。

ですので飾り物は、基本的には一人にひとつが望ましい。兄弟での共有はおすすめできません。

ただ飾り物はとても高価です。そのための打開策もあるので、例として紹介しますね。

長男 → 兜飾り
次男 → 五月人形
三男 → 鯉のぼり

上記のように振り分けても問題はないようですので、盛大に初節句のお祝いをしてあげましょう。

おわりに

女の子の桃の節句と並ぶ「端午の節句」。

どちらも災いから、あなたの大切な息子さんを守る行事ともいえます。

長い歴史から生まれた伝統行事の初節句。

伝統の良さを感じながら、息子さんの成長を見守りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする