醍醐寺で桜!見ごろは。ピークを押さえて桜トンネルで大満足

醍醐寺。

日本全国でも屈指の桜名所です。

しかも日本の心ともいうべき京都。

やはり桜の季節に訪れたい場所ですよね。伝統的なお寺の境内を散策しながら満開の桜を楽しめるなんて最高の贅沢です。

では桜の見ごろはいつなのでしょうか。また開花がもっともピークになるのはいつなのか。

今回は京都、醍醐寺の桜情報をお伝えします。

スポンサーリンク

醍醐寺|桜の見ごろは

見ごろは3月中旬~4月中旬までになります。

当然気候により若干の前後はありますが、おおむね上記となるでしょう。

醍醐寺にはたくさんの種類の桜があります。

かわづ桜、しだれ桜、ソメイヨシノ、オオベニシダレなどなど、なんと約1,000本も!

そして種類により開花時期がずれるため、約3週間にわたって花見を満喫することが可能となるわけですね。

3:22 の桜と五重塔がとても日本らしい風景を出していますね!

押さえておきたいピーク

では見ごろの中でも、もっとも桜を満喫できる期間はというと、4月上旬となります。

総門から境内に入り、霊宝館、三宝院へのメイン経路が桜のトンネルとなるので、満足度も倍増間違いなし!

忘れてはならない注意点

醍醐寺は昼間のみ開門。

つまり桜のライトアップはない!

お忘れなく。

醍醐寺とは

醍醐寺は京都府京都市伏見区にあるお寺で、世界遺産にも登録されています。

醍醐山ふもとの境内や寺院をまとめて下醍醐とよばれます。

醍醐山頂上付近にある境内を上醍醐とよびます。

また桜の季節に大きなイベントも開催されます。

豊太閤花見行列

毎年4月第2日曜日に開催されるこの行列は、豊臣秀吉が晩年に贅の限りを尽くした「醍醐の花見」を行ったことから始まったそうです。

この日は本当にたくさんの人で賑わいます。

スポンサーリンク

混雑状況

醍醐寺の桜シーズンはとにかく混みます。

土日祝、平日すべて混むとのこと。

とくに豊太閤花見行列の日は全国から行列目当てに人が集まるので、当然覚悟が必要。

小さなお子さんがいる場合は、行列のない日を選んだ方がいいかもしれませんね。

豊太閤花見行列の前日の土曜日は意外と人が少ないそうです。

これは穴場的な日。みんな行列を見たいわけですね。

雨月茶屋

総門から境内に入って桜トンネルを進み、霊宝館近くに雨月茶屋があります。

ここの茶屋ではソフトドリンクからアルコール、さらには京料理までが楽しめます。

混み具合を確認していってみましょう。

雨月茶屋マップ

醍醐寺一般情報

開門時間(時期により変わります)

・3月1日~12月第1日曜日まで
9時~17時

・12月第1日曜日翌日~2月末日
9時~16時30分

拝観券

霊宝館、三宝院、伽藍すべて見学

・拝観券発券は閉門1時間前まで
・各所入場は閉門30分前まで

料金(春、秋は料金変動あり)

ここでは春、秋の料金を表示します。

大人   :1,500円
中・高校生:1,000円
小学生以下:無料

※拝観券は下醍醐のみの券となります。

上醍醐

醍醐山頂上の上醍醐へ行くには入山券が必要。

入山料

大人:600円
中・高校生:400円
小学生以下:無料

※拝観券購入の場合は上記入山料からそれぞれ100円引きとなります。

入山時間受付

3月1日~12月第1日曜日
9時~16時

12月第1日曜日翌日~2月末日
9時~15時

上醍醐への道のり

登山道となります。

前半は整備された坂道。後半は延々と階段を登ります。(おおよそ1時間の行程)

醍醐山頂上は標高450m。ほぼ同じ標高が上醍醐となります。

醍醐寺へのアクセス

京都市営地下鉄東西線、醍醐駅下車。

徒歩で醍醐寺へ。

醍醐寺へのアクセスマップ

おわりに

全国統一を果たした豊臣秀吉晩年の花見場所である醍醐寺。

約1,000本の種類豊富な桜により3週間もの間、花見を楽しめます。

世界遺産にもなっている日本の歴史そのものである醍醐寺。

人で混みあいますが、一度は行ってみたい場所でもありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする