郵便局への住所変更はインターネットか窓口の手続きが簡単

お引越し。

様々な機会に訪れる居住地の変更ですね。

引っ越したはいいが、住所が変わったことを伝え忘れていて郵便物かまったく届かない! なんてことも。

そんなときに有効活用できる郵便局のサービスが転居届です。

とっても便利なサービスで、しかも無料

こんなありがたいサービスはぜひとも使わせていただきましょう。

今回は転居届サービスについて、申請方法(窓口、インターネット)についてです。

ではいってみましょう。

スポンサーリンク

日本郵便の転居・転送サービス

転居届とは、旧住所宛に発送された郵便物を新住所へ転送する無料のサービスです。

これを転居・転送サービスといいます。

期間は1年間有効で、転居届を提出した日から1年間は郵便物を転送してもらえます。1年後に更新も可能。

更新する場合は、転居届の再申請を行います。

有効期間内に郵便物や手紙を送ってくるであろう親族、友人、その他公共機関などに、住所を変更した旨をお知らせしてください。

転居・転送サービスは旧住所宛の郵便物を新住所へ転送するだけですので、発送元への連絡はあなた自身で行う必要があります。

※注意点

転居・転送サービスは、日本郵便が取り扱う郵便物のみ対象となるサービスです。

クロネコなどの別会社が取り扱う配達品は対象外なので注意しておきましょう。

手続き① 郵便局窓口で

直接最寄りの郵便局で手続きする方法です。

引っ越す前は何かと郵便局へ行く機会が増えますよね。

そういったタイミングで手続きを済ましてしまうととっても楽ですよ。

郵便局の窓口へいったら引っ越す旨を伝えましょう。

そうすると転居届の記入カードを渡してもらえますので、それぞれ記入していきます。

ちょっとした疑問点をすぐに窓口の方に聞けるのが大きなメリット。

記入をすべて終えたら窓口へ提出しますが、ここで必要なものが数点あります。

本人確認と旧住所確認。

本人確認免許証または各種健康保険証が必要となります。

旧住所確認では旧住所が記載されている、

・免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・住民票

などの公官庁で発行された旧住所記載のあるものが必要です。

確認を終えて転居届を受理されたら完了。

スポンサーリンク

手続き② インターネット

いまやネットの時代。

転居届もネットで24時間提出可能なんです。しかも家族6人分をいっきに申請できます。PC、スマホから申請可能。

郵便局へ行く時間がない、面倒と思ったときはネットを利用しましょう。

ただし、ネット申請ではメール確認と指定先への架電(携帯電話またはスマホが必要)があります。

ネットで申請

①、まずPC、またはスマホを準備

②、続いて日本郵便HPの e転居 へアクセス

※上記「e転居」からアクセスできます。

③、必要項目を入力
※メールアドレス入力(携帯電話のメールアドレス不可
※必ずすぐに確認できるPC用メールアドレスを入力してください

④、メールアドレス確認完了のお知らせが届く
※メール内に記載されているURLより手続き続行

⑤、必要事項入力
携帯電話番号を入力する項目あり(固定電話不可)

⑥、架電
⑤で入力した携帯電話から架電
※入力画面にある確認番号6ケタを入力する

相手は自動音声です。確認番号、携帯電話番号が一致して終了となります。

架電後、忘れずに 申請登録ボタン を押す。

⑦、受付完了メールが届き、すべて完了

おわりに

窓口で転居届提出の場合は確認に必要なものを持っていくようにしてくださいね。

インターネットから申請する場合は携帯電話の使用が必須となるのでお忘れなく。

忙しい引っ越し。

転居届は余裕をもって行っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする